流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

2段遠心コンプレッサーを設計して性能流体解析を行った結果の流線図

2016年10月31日 | 未来製品設計

空気用の2段遠心コンプレッサーを設計して、性能流体解析を行った結果の流線図です。

この2段遠心コンプレッサーは、インペラ直径130mm程度ですが、毎分8万回転で圧力比が5以上出ています。

ただ、まだディフューザー部やリターン羽根部形状に改良の余地があり、更なる高圧力比化と高効率化の設計変更と性能解析を行っていきます。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ラジアルガスタービン羽根の設計 | トップ | 2段遠心コンプレッサーの流... »