流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

ターボファンエンジン計画設計図です

2017年03月21日 | 未来製品設計

1軸式ギアードターボファンエンジンの計画設計図を載せてみました。

静止推力2000Nのターボファンエンジンです。

長さは1m程度、直径は最大500mm程度、重量は70kg程度と小型軽量です。

これら図は、計画設計図なので、細かい構造に無い部分もありますが、機能部は全部表されています。

<今日の流れ>

今日は朝からの来客で、詳細な技術打合せを昼過ぎまで行いましたので、今少し疲れ気味です。

お客様の要望になるべく答えるように計画や設計は進めますが、飛躍的な技術の場合どのぐらいで妥協していただけるのか、確認することはなかなかに難しいものです。

経験のある技術者としては、やはり安全面を一番に考えますから、性能を飛躍的に上げても、耐久性などの点から最終客先が安心して使えるものを提案したいですね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 水力タービン設計を3代、祖... | トップ | タービン発電機のタービン部... »