流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

ターボ圧縮機 遠心2段コンプレッサーの設計

2017年01月25日 | 流体機械設計

工場などで使う高圧空気源を造るターボ圧縮機としての遠心2段コンプレッサーの設計例です。

このターボコンプレッサーから造られる高圧空気は、吸込み容積として毎分4万リッターで圧力が7気圧になりますから、これ一台で多くの工場内高圧空気需要を満たすことが可能です。

この2段遠心ターボコンプレッサーに駆動用高速モーターを付けた製品としての全体を近日中にお見せしたいと考えています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 電動ウォーターポンプの流れ... | トップ | ターボドリル用タービンの設... »