流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

高比速度フランシス水車の流体解析シミュレーション結果画像

2017年03月07日 | 自然エネルギー

落差24m、流量毎秒0.5m3、水車出力105KWの高比速度フランシス水車の流体解析シミュレーション結果画像です。

<今日の流れ>

今日もたくさんの急ぎの設計と解析を進めています。

最近、仕事が集中していますが、女性エンジニア皆になんとか分割担当してもらい、頑張ってもらっているので、短納期で結果を出しています。

やはり年度末という時期的に開発の結果を出さなければならない関係だと思います。

どれも短納期の開発設計や流体解析ですが、設計と解析の結果はなかなかに良いものとなっています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 落差40m・水量毎秒0.55m3の... | トップ | チューブラー水車設計での各... »