流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

シーリング構造を兼ねた特殊な軸受けを持つ軸流単段衝動タービンの設計例

2017年05月15日 | 流体機械設計

流体のシーリング構造を兼ねた特殊な軸受けを持っている、軸流型の単段衝動タービンの設計例となります。

使用する気体蒸気が大気中に漏れることを絶対的に無くすために採用したメカニカルシールとすべり軸受けは、すべり軸受け部を液体中に入れることで、軸受け部に漏れた気体は液体に溶けて排出され、大気への漏出を防ぎます。

<今日の流れ>

今日は朝から、タービンパンク世界観の中で乗り物はどのような外観であるべきか、タービンパンクマシン設計を担当してくれている新人女性エンジニアとの打合せを行ったところです。

今からは現在解析進行中の流体機械の解析計算が土日中に進んだ結果を担当者がまとめてくれるので、それの結果データからそれで最終とするか又は改設計をして更に進めるかの判断をします。

それと新しいタイプのロボット掃除機の薄型を概念設計してみています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« タービンパンク風レトロ外観... | トップ | 二重反転プロペラドローンの... »