流体機械設計と流体解析シミュレーション

流体機械設計と流体解析シミュレーションを行っている株式会社ターボブレードの社長である林 正基の日々について記載しています

100気圧高圧可変ノズル部品

2017年05月06日 | 流体機械設計

100気圧の高圧がかかる液体用の可変ニードル付きのノズル部品です。

ノズルケーシングはSUSブロックからの完全な削り出しとして強度を保っています。

次は、高圧可変ニードルノズルをケーシングに組み上げた状態です。

<今日の流れ>

連休中は色々と悩んで考え込んでいましたが結論を出した結果、これからは新しい流れをより多く創造し、後5年はその実現にもうひと踏ん張りする気持ちで、今日はその開始日としました。

5年間の奮闘の後はどうするかまだ分かりませんが、出来ればその余韻で更にその後10年は新しい流れの創造を続けてみたいと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 水力タービンの電動サーボ機構部 | トップ | プロペラ水車とサーボ駆動部 »