リフレックスのカルテ - 山形市のトータルボディケア - @整体カイロ・ダイエット・ファスティング・水素フェイシャル

健康や美容・ダイエット、日常生活など、思ったことを気まぐれに発信するリフレックス公式ブログ。革新から確信へ温故作新

酸化・糖化、炎症を防げ

2017年06月15日 | 健康・BODYアイテム

ども。

夏に向けてデトックス!ってよりはダイエット!ダイエットをしっかり成功させるためにデトックス!

っと、言うことで、今回はデトックスやファスティング、そしてダイエットなどにも力強く後押ししてくれるアイテムを紹介したいと思います。

 

人の3大劣化は『酸化』『糖化』『炎症』と体内で起こりうる全て化学反応です。


*糖化→AGEs(糖化最終産物)→活性酸素発生、炎症発生
*活性酸素→酸化、炎症反応発動

と、言ったこれらの反応が生体に発生すると細胞のほとんどを構成する『タンパク質』が劣化し、老化や疾患となると考えられています。

これまで注目されてきたのは「酸化」

酸化とは、呼吸により体内に取り入れられた酸素がエネルギーになるとき、一部の酸素(2~3%)は化学反応により活性酸素になります。

この活性酸素は、細菌などを排除してくれたり体に必要なのですが、活性酸素が過剰に発生してしまうと正常な細胞も傷つけてしまい、肌、血管、心臓など、体のいたるところを酸化し、老化を早めると言われています。

また、激しい運動、ストレス、喫煙、紫外線、食べ過ぎや飲み過ぎ、食品添加物、大気汚染、電磁波、放射線なども活性酸素を発生させる要因になります。


酸化と同じく、気をつけたいもの、これから注目されるのは「糖化」

酸化がサビならば、糖化はコゲです。老化への新たな仕組みが「糖化」であり、これを食い止める「抗糖化」が抗酸化とともに脚光を浴びています。

糖化とは、簡単に言うとたんぱく質と糖質が結びつく反応により、たんぱく質が劣化して体内に蓄積されていくことなのです。

私たちの体は、大部分がたんぱく質から作られています。食事などで摂取した糖質がたんぱく質と結びつくことでAGEs(終末糖化産物)という物質が生成されます。AGEsは強力な老化促進物質であり、一度生まれたAGEsは元のたんぱく質と糖質に戻ることはありません。

このAGEs(終末糖化産物)の恐ろしいところは、体を作っているたんぱく質を攻撃して、その機能を低下させる働きがあることです。その繰り返し、積み重ねが老化へと導くのです。

そして、AGEs(終末糖化産物)には、体内で作られるAGEs(高血糖が原因)と、食品由来で体内に取り込まれるAGEsの2つが存在します。

血糖値が高い状態(高血糖)が続くと、糖化は起こりやすくなります。インスリンで処理しきれなかった血液中のブドウ糖がたんぱく質と結びついて糖化が始まるわけです。

それから食品由来AGEsの約10%が腸管から吸収され約6~7%は2~3日間体内に残存する事が分かっています。また、体内蓄積AGEsの55~60%は食品由来と言われています。

AGEsが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、骨に蓄積すると骨粗鬆症、目に蓄積すると白内障の一因となります。

たんぱく質が糖化すると、もともとは透明だったコラーゲンや角質のケラチンが黄色や茶褐色に変色します。こうした色の変化が肌に起こることで、くすみなどにつながります。また、肌の弾力を生むコラーゲンが劣化することで、たるみやしわが発生しまう美容には天敵なのです。

例えばパンやホットケーキ、焼おにぎり、お好み焼きは加熱すれば褐色になります。小麦粉、砂糖、卵、牛乳で作られるホットケーキには、糖質とたんぱく質が多く含まれています。これらが加熱されることによって、ホットケーキにこんがりと焼き色がつきます。たんぱく質と糖質を同時に加熱することで起こる焼き目(焦げ目)、これが糖化現象なのです。

人間の身体は水分 60%、タンパク質 20%で構成されており、水分除くとほぼタンパク質です。タンパク質が糖化すると、変性により弾力性が低下して、血圧が上がりやすくなります。

さらに血管が硬くもろくなり、血管破裂の危険性も増大するので恐いものです。

したがって腸管内で食品由来AGEsを吸着することには大きな意味があると考えられます。

「体内糖化を防ぎたい」「糖化しやすい生活環境を改めたい」などアンチ糖化、抗糖化を目指すためには、糖化しない食べ物だったり、糖化しやすい食品、血糖値を上げすぎない食べ方などの見分け方だったり、糖化と向き合う生活や習慣は大切になってきますが、これを少しでも食い止める方法として今、注目を浴びているのが「食用炭」になります。

 

前々回のブログでも少し紹介しました。怪しい黒い水 http://blog.goo.ne.jp/tbc-reflex/e/2e4f4835bce2cd23cd79b0bd01e79a19

 ◆機能性ヤシガラ活性炭

ヤシガラ活性炭の細孔を“水蒸気圧力”で調整 し、食品添加物、化学物質、古い胆汁酸や重金属などの吸着に効力を発揮。

水銀の吸着試験では

ヤシガラ活性炭100%、赤松妙炭98%の吸着率

 

AGEs(終末糖化産物)の吸着率100%

 

◆伊那赤松妙炭

赤松炭の毒素吸着力はヤシ殻活性炭の60%程度ですが、食用油吸着力は赤松炭の方が上回っています。また腸内からの遠赤外線効果で体温上昇作用があり、様々なポリフェノールも含有します。

◆ラフィノース

北海道甜菜由来の天然オリゴ糖。腸内で善玉菌のエサとなり増殖を促すプレバイオティクス。現在入手困難なほどの人気成分。

◆イヌリン

水溶性食物繊維。腸内で天然オリゴ糖に変換され、ラフィノース同様にプレバイオティクスの役割を果たす。また、カルシウムの吸収を促進させる作用も各研究機関から発表されています。

 

今、糖化しやすく、たるみやすい生活をしていませんか?

「砂糖入りの清涼飲料やスイーツ、お菓子などの甘いもの、白米・白いパンといった炭水化物食品が好き」

「野菜や海藻など食物繊維が多い食品をあまり食べない」

「運動をほとんどしない」

「お風呂はシャワーですますことが多い」

「しっかりUVケアをしていない」

「糖尿病、もしくは糖尿病予備軍と言われている」

など、糖化を防ぐためには、これらの習慣を見直すことはとても重要です。しかし、肌や骨に蓄積したら排出しにくいのがAGEs(終末糖化産物)です。

できるだけ体の中にためないように野菜や昆布、キノコといった食物繊維が多い食材をとって腸からの吸収を妨げることが大切ですが、吸収を阻害したり、糖化の邪魔をするサプリの摂取で、さらに抗糖化を意識しましょう。

 

それから、夏に向けてお得なキャンペーンも実施中!

 

 

 

 

 

 

Total Body Care REFLEX
      トータルボディケア リフレックス

http://tbc-reflex.com/ 

〒990-2321 山形市桜田西2-8-21
ご予約は 023-625-0840

2017 REFLEX MISSION 
「BODY Re Birth」
~ ワンアップ意識“キレ中(綺麗は中から)”でカラダは変わる ~
  を、テーマに取り組んでいきます。

 

 

 

ジャンル:
サプリメント
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サプリメントの活用法 | トップ | たんぱく質、足りてますか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL