サーズディブラスバンド かわら版

大田区蒲田・糀谷・羽田地区で活動している吹奏楽団体「サーズデイブラスバンド」の情報盛りだくさんなかわら版です

練習記録 20161223

2016-12-24 13:14:55 | 練習記録
今年最後の練習でした。1年間お疲れ様でした。
年明けから毎週練習なので
楽器のオーバーホールを年内にしておきましょう。


1.兄妹バンドの曲

①きれいな曲なので、全体的に音を固くしない。
 濁音みたいな音にしない。
②アルペジオのパートも歌心をもって歌う。
 レガートに。
③Aはソロを引き立て、伴奏は抑える。
 伴奏の縦を揃える
④終わりは5小節前からCrescだが3小節前から
 収まっていく。

 しかしこの曲の日本語タイトルって、まったく
 歌詞の内容を無視しているような・・・・
 誰がつけたんだろう。。


2.遊園地の曲。単品版

①7小節目は3連符にならないこと。8小節目の
 フレーズに繋がらなくなる。
②Aの手拍子は軽く
③64~65の伸ばす音はきれいにハモらす。
④69の^記号は音を短く
(この記号、Jazzではアクセントスタッカートとか
 言ったりしますがクラッシックでは
 なんと言うのでしょう?)
⑤Gからtbが主役で、伴奏は力を抜く。
 76でテンション上げて4拍目ウラもffで。
⑥Hからは明らかに音量下げ、84の四拍目から
 盛り上げる。
⑦88のロングglissは3拍目ぐらいから滑らかに。
 高音楽器から下がっていく。TPさんよろしく。
⑧Lはちゃんとリズムにのる
⑨最後の4ウラの音は長めに


3.チャチャチャ

①メロディを吹いているときと
 伴奏をしている時を吹き分ける。
②メロディを演奏しているパートが
 切り替わる時は、前のパートはきちんと
 楽譜通り音を切り、次のフレーズにかぶせない。
 次のパートはきちんと意識して入ってくること。
③イントロは重厚に。しかし遅くならない。
④Iの1小節前のritはタメるぐらいで、
 そんなに遅くしないとのこと
⑤Mからは長い音符はきちんと中身がある音を出す。
 伴奏パート4小節目の2拍目オモテの音は響きを残す。

ちゃんとセク練(パー練)しなさいとのこと。。。。

以上です。よいお年を。
 























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 練習記録 20161216 | トップ | 練習記録20170106 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。