PCの部屋

PCパーツやPCについて個人的趣味のおもむくままにレビューしていきたいと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SSD S592ファームアップ&DOS起動USB作成方法

2010-01-15 00:09:08 | SSD


A-DATA社のSSD S592シリーズのファームウェアが公開されました。当初、同社ではファームは公開されないとの情報が出回っていただけにありがたいです。
・今回のファームアップによってWindows7のTrimに対応しました。
・公開されたファームウェアは、v.1571とv.1848です。所有のファームバージョンを確認した上で、初期ファーム->v.1571->v.1848の順にファームアップしなければならないようです。
・ちなみに、該当のファイル、ファームアップ方法は以下の通りです。

■A-DATA社SSD S592 ファームウェア
(ファーム):ダウンロードのタグを選択
http://www.adata.com.tw/jp/product_show.php?ProductNo=AS592S
(ファームアップ手順)
http://www.adata.com.tw/downloadfile/1260326432_S592_FWupdate_Guide.pdf

・ここで、問題があります。ファームアップするためには、DOSの起動ディスクが必要な点です。昔のWindows98SE等の起動用FDDを持っていたのですが、最近のPCにはFDDがついていません。
・そこで、良い方法がないかなと探していたところ、以下の方法に行き着きました。簡単なのでお薦めです(自己責任)


■DOS起動USBメモリーの作成方法
・DOS起動USBメモリーを簡単に作成してくれるHP USB Disk Storage Format Tool - v2.1.8
をダウンロード&インストール
http://files.extremeoverclocking.com/file.php?f=197

・上記ソフトが利用するDOSファイルをマイクロソフトからダウンロード&解凍
http://files.extremeoverclocking.com/file.php?f=196


(HP USB Disk Storage Format Toolの起動)
・Deviceの欄で、目的のUSBメモリーを選択
・File system:FAT32 Volume Label:空欄
・Format optionのCreate a DOS startup diskの項目にチェックを入れ、using DOS system files located at:の項目で、上記のDOSファイルを指定します。
・最後にHP USB Disk Storage Format Tool - v2.1.8のスタートを押せば作成開始、あとは終了を待つのみです

(参考)HP USB Disk Storage Format Tool - v2.1.8
ジャンル:
コンピューター機器
キーワード
マイクロソフト
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« GA-P55A-UD6のメモリ配置検証 | トップ | SSD S592ファームアップの詳細 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。