ウォーキングカメラマン

“お歩きさん”をした時に出くわした心に残った風景、光景、人物などを撮る!!

レンガ煙突が並ぶ街を歩く

2017-06-18 14:59:34 | 岡山県

2017年6月3日(土)

備前市伊部地区は、日本六古窯のひとつの備前焼の里。街には窯元や作家の建物やレンガ煙突が立ち並ぶ。国道2号線沿いにあり、鉄道駅もありアクセスは便利。

 

JR西日本赤穂線の伊部駅。備前焼伝統産業会館の中にある。駅を出るとすぐ国道2号線がある。陶器が好きな妻の要望に応え、また備前に立ち寄った。

 

伊部駅に停車中のJR西日本赤穂線を走る電車。

JR伊部駅前から備前焼の赤レンガの煙突が見える。

 

 JR伊部駅前を走る国道2号線。山陽と阪神を結ぶ主要幹線。

 

 伊部駅から国道2号線を横断すれば備前焼を扱う店が集中している。写真は左から2つ目の建物がJR伊部駅。

 前回訪れた時に購入した窯元(作家宅)に行って、気に入ったものがあれば購入して、さっさと備前を引き上げるつもりだったが、目的の窯元が不在だったため、いろいろな店に入ってみる。

 

 

備前焼窯元、作家のレンガ煙突。備前焼きは松割木焼いた時の灰の付着具合もの特徴のため、電気窯は少ない。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョット贅沢な野球観戦 | トップ | 天領と童話の国があった街を歩く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。