ウォーキングカメラマン

“お歩きさん”をした時に出くわした心に残った風景、光景、人物などを撮る!!

半島の付根の七夕祭りを開催する商店街がある港町を歩く

2017-07-23 23:53:21 | 静岡県

2017年7月8日(土)

沼津は伊豆半島西側付け根にある静岡県東部の中心都市。駿河湾に面した干物、深海魚が有名な港町であり、かつては皇室の御用邸もあった。商店街で結構な規模の七夕祭りを開催していた。

沼津港。干物や深海魚が有名な県下最大規模の水産業の街。沼津港から少し東に行った駿河湾に面したところには、1969年まで利用された皇室の御用邸がある。

 沼津港周辺には、市場、寿司屋、土産物屋がたくさんあり賑わっていた。

イルカ肉を市場で売っている。静岡県東部ではイルカを食べる。

 JR沼津駅南口前。七夕祭りを開催してるようだ。

 

 沼津仲見世商店街を歩くと七夕の規模がかなり大きいことがわかる。七夕祭りはこの商店街のイベントで沼津の夏の風物詩となっている。

 

JR沼津駅北口付近にあるリコー通り。リコーの生産拠点や関連施設があることに由来する。

 リコー通りをまっすぐ歩いて行くと、鳩のマークのイトーヨーカ堂があった。最近、セブン&アイの看板になっているので久しぶりに見て懐かしかった。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本一の山が望める熱帯魚の... | トップ | 寺を中心に街が発展した環濠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

静岡県」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。