ウォーキングカメラマン

“お歩きさん”をした時に出くわした心に残った風景、光景、人物などを撮る!!

白鳥が飛来する大物総理の里を歩く

2016-12-10 00:33:14 | 新潟県

2016年11月19日(土)

 新潟県柏崎市西山町(旧新潟県西山町)は、日本海に面した小さな町であり、冬には白鳥が飛来する。また、良しにつけ悪しきにつけ歴史に残る総理大臣"田中角栄"の故郷でもある。

長嶺大池。最盛期では400羽程度飛来する。訪れた時刻が遅かったためか、時期が早かったためか、100羽もいなかった。

白鳥は、夜この池で寝て、朝になると餌を求めて飛び立っていく。

 

 

 子供の白鳥はグレー。

道の駅にある中華建築物。旧西山町は日中国交正常化を実現した田中角栄の出身地であり、中国淮安市と交流している。 田中角栄の実家はこの近くの集落。車では目白の自宅から実家までは3回曲がれば着く。

 田中角栄と周恩来の調印により日中の国交が成立。記念に中国から上野動物園にパンダが贈られた。

 JR西山駅。旧西山町の中心部にある。田中角栄の実家はこの次の礼拝駅から徒歩20分程度のところ。さすがの角栄でも西山町に新幹線駅を作るのはやりすぎと思ったか?

 

 中心部の街並み。商店はあっても商店街とは言えない。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蔵で活性化するリンゴの街を歩く | トップ | 有名寺院の紅葉に匹敵する無... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新潟県」カテゴリの最新記事