ウォーキングカメラマン

“お歩きさん”をした時に出くわした心に残った風景、光景、人物などを撮る!!

うどん県の中心部を歩く

2016-10-29 02:34:56 | 香川県

2016年9月19日(月)

香川県は、「うどん県」と名乗り、うどんを観光の目玉として県の知名度を上げ、観光客の増加を図っている。その中心都市となる県庁所在地である高松を歩いた。

JR高松駅は、さぬきうどん駅と名乗っている。

JR高松駅前にある高層ビルから高松市街を展望。台風が接近していて雨が降り、視界が悪い。

雨が降っていたので、アーケード街を歩くが、いろいろな筋にアケードがあり、調べてみたらアーケード総延長2.7kmで日本一とのこと。

アーケード街でうどん屋を何軒も見た。

 

アケード街から横に入ると飲み屋街。

飲み屋街近くのアケード街は飲み屋も多く、香川県のもう一つの名物「骨付鶏」を提供する店が集中する。

 

 

スマホで調べ、中心部から少しはずれた所にある人気店で行列に30分以上並んだ。知らずに中を頼んだらうどん2玉だった。まわりの人も中を食べている多かった。料金が安いのにびっくり。

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦闘に備えて作られた迷路の... | トップ | うどんチェーン店とうちわで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。