雑居空間
趣味のあれこれを、やたらめったらフットスタンプ




 Heroes of Might and Magic II の拡張パックのCampaign Scenario、Voyage Home のScenario 3、「King and Country」をプレイしました。



King and Country

I arrived home last night, under the cover of a heavy fog. My cousin met me on the beach. He explained that a civil war had broken out while I was away. To my dismay, the leader of the rebellion is my sister the Necromancer, with whom my family ties are very strong. Now I must decide: should I remain loyal to my Lord Alberon who has treated me honorably in my years of service, or acknowledge the more ancient bond of blood and fight for my sister's cause?


 なんとか故郷への帰還を果たしたGallavant。しかし彼は従兄弟から、内戦が勃発したことを知らされます。しかも、その反乱軍のリーダーがNecromancer であるGallavant の妹だというのです。
 Gallavant の家系はとても強い絆で結ばれています。長年に渡り恩義を受けているLord Alberon に忠誠を尽くすのか、それとも、より長い血の縁によって結びついている妹のために戦うのか、決断を下さなくてはなりません。

 上記テキストは、字幕が表示されないので、下記サイトより引用しています。

King and Country _ Might and Magic Wiki _ Fandom powered by Wikia





 ここでキャンペーンは分岐します。Lord Alberon につくか、妹につくか、選択を迫られます。Lord Alberon につくのならScenario 3、妹のDraKonia につくのなら、Scenario 4 を選択することになります。
 結局両方プレイするのですが、まずは順番どおりにScenario 3 からプレイします。

 勝利条件は敵軍の全滅。こちらはGallavant が負けたら敗北となります。
 事前に、Basic Acchery か、3000 Gold か、Attack Skill +1 のどれかを選択することができます。こういう場合はAttack Skill ですかねー。一番無駄にならない気がします。



 マップ南西部からスタート。マップサイズはL。こちらの本拠地はKnight のCastle が1つと、Knight のTown が2つ。資源が乏しいので、すぐにTown をCastle にするのは難しそうです。しかし、Castle はそこそこ開発されていて、Swordsmen まで雇用できるようになっています。まずはこのCastle を中心に開発していくのがよさそうですね。



 今回はGallavant の他に、Lord Alberon もHero として登場します。Lord Alberon は5 level のKnight。Gallavant よりも、Lord Alberon をメインにして戦っていったほうがよさそうですね。



 Gallvant も前の2つのScenario でがんばっているのですが、またもや level 1 まで戻されてしまっています。不憫よのう。

Lord Alberon calls you into his war room. He says, "I am glad you have chosen to remain loyal to me, but this war is a terrible one for my Kingdom. Already, the sorceress' towns to the Northeast have become unsure about their loyalties, and will not pledege allegiance to either side. This is hard on our cities as most of the wood in the land comes from these towns. We will need to recover their sawmills and take their towns by fore."

 しょっぱなに、Lord Alberon からコメントが入ります。戦況はあまり芳しくないようです。もともとはNecromancer の反乱だったのですが、それに北東のSorceress も呼応した模様です。そしてさらにまずいことに、材木の供給をそれらの街に依存しているため、敵地にあるSawmill を奪わなければ、材木の供給もままならないと言うことです。うーん、こういう縛りシナリオって、あんまり好きじゃないんだけどなぁ。

 まずは南西エリアを探索します。Hero の数も、3人、4人と、少しずつ増やしていきます。
 本来ならさっさと街に城を建ててしまいたいのですが、Wood が足りないので城を建てることができません。むー。おかげで南西隅の城でしか軍を補充することができません。軍をまとめるのも面倒だし、何より数を揃えられないのがつらいですね。

 敵地へ行くための通路は2本あります。東へと向かうルートはSeveral Green Dragons が、北へと向かうルートは、A pack of Phoenix がふさいでいます。どっちも強そうだなぁ。
 それ以外だと、Brown Barrier で塞がれた道と、Aqua Barrier で塞がれているLits があります。でも、Tent は見当たらないので、ここを利用するのはまだ先の話のようです。

 Hat of Magi を訪れると、ピンポイントですが、敵地の視界が開けました。まだちょっと全貌ははっきりとしませんが、Green とYellow の2つの勢力が見えます。

 Yellow が率いているのは、Barbarian の軍勢です。あれ? Necromancer やSorceress だけじゃないの? しかもYellow のHero は、南東部と北西部の2箇所に見えます。どうなっているんだろう?

 一方、Green のHero は、Gallavant の妹、DraKonia です。



 まだ序盤なのに、Bone Dragon がいる……。厄介だなぁ。

 あんまりのんびりと構えているわけにも行かないので、何とか軍勢を溜めて侵攻を開始しましょう。
 攻めて行く担当はLord Alberon。Phenix を倒して、北の方へと向かいます。しかし、Phenix を倒したその先にも、Bone Dragon とか、Black Dargon とか、強い野良Creature が行く手を遮っています。なんなんだ、このマップ。めんどくさいなぁ。
 しかしその先のGreen の領地に、Saw mill が見えます。早いとこ材木を確保しないといけないので、そこまでは急いでいくことにしましょう。

 野良Creature をガリガリ倒して、Saw mill まで到達。ようやく材木の供給を確保できました。ついでに近くにあったGreen のSorceress の街も奪ってしまいます。
 ただ、城を建設するには20の材木が必要なので、Sawmill で賄うには、まだまだ時間がかかります。ここまでの進軍で結構軍勢が損耗しているので、なんとか軍を立て直したいのですが、現在軍を雇えるのは南西隅にある城のみ。ちょっとしんどいですね。どうせなら街じゃなくて城を奪いたいんだけどなぁ。

 で、Lord Alberon がさらに進んでいったら、Yellow のHero の襲撃を受けてしまいました。メチャクチャ強いというほどではありませんが、今の軍勢では太刀打ちできず、敢え無く敗れてしまいます。
 Lord Alberon が負けてもゲームオーバーにはなりませんけど、こうなっては勝負になりません。少し前のセーブデータからやり直すことにします。



 Saw mill を確保したあたりからやり直し。せっかく奪ったSaw mill を敵に再奪取されないよう祈りながら、Lord Alberon は軍を立て直す為に一旦本拠地へと戻ります。ついでに、強そうだったので放置していた本拠地付近の野良Creature を倒し、資源やArtifact も回収していきます。

 そこそこ強くなってきたのでまた攻めていこうと思った矢先、Green のHero がBlack Dragon を倒してこっちの領地に入ってきました。ちょうどLord Alberon が隅にある未回収資源を取りに行っていたので、この襲撃には対応できず、国境近くの城と街を奪われてしまいました。
 でも、Lord Alberon がすぐに戻り、なんとか敵を撃退。城と街も奪い返します。やれやれ。

 一刻も早く攻める態勢を整えたいのですが、今度はYellow のHero がやってきて、また国境付近の城を奪われてしまいます。ああ、もう!
 ちょうど週の変わり目だったこともあり、Lord Alberon も割と万全の態勢を取れていたので、この敵も撃退します。今回は攻城戦になったので、取り逃がすことなく倒し、Artifact を2つも入手。ラッキー。

 この後はしばらく我慢の展開が続きます。攻めて行こうかと思うと、そのタイミングで敵がやってきて、なかなか攻勢に出ることができません。なんとか撃退はできるものの、こちらもそれなりに消耗してしまうため、また軍勢を蓄えなければならず、攻めに転じることができないんですよね。
 それでもじっくりと軍を蓄えつつ、ようやく侵攻準備が整ったと思ったのですが、前方から、明らかにこちらよりも強力な軍勢を率いた敵Hero がやってきます。基本的にそれほど強くないDwarf なんかでも、100体くらい集まるとかなりの強敵になります。こちらの方がCreature の質は高くても(と言っても、まだCampion までしか雇用できていないんですけど)、城の数の問題もあって、どうしても軍勢の絶対数が足りないのです。

 一応戦ってはみましたけど、やっぱり敗北。あたりを見回してみると、今回敗れたくらいの軍勢を敵Hero が他にもちらほら見受けられます。
 うーん、このまま続けてもジリ貧かなぁ。ちょっと逆転するビジョンが見えないので、ここで一旦投了することにします。





 やり直すのはいいとしても、じゃあどう戦っていけばいいのかということについては、正直あんまりビジョンがありません。
 侵攻する際、野良Creature との戦闘でかなり消耗しちゃっているんですよね。もっと軍を蓄えてから進むべきだったんですかねぇ。いっそのこと、敵が野良Creature を倒すまで待っている、とかもアリなのかなぁ。まぁ、それはそれで、機の入手が遅れ、城の建築も遅れ、Yellow やGreen との戦いがきつくなりそうですけどね。かと言って、行く手を塞いでいる野良Creature は初期状態でもかなり強いので、そこを速攻で突破すると言うわけにも行かないしなぁ。

 とりあえず、攻めて行くタイミングと、最初から持っている材木の使い方。この辺りをもう一度検討してみますかね。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« Pirate Isles 有言実行三姉... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。