自分の勉強のためのブログ

文章を書く訓練につかいます。
日記、ふと思いついたこと、読書感想文など。
なるべく毎日更新頑張ります。

輸入とカルチャー、ブランディング

2017-06-28 18:21:32 | 日記
ワイン好きの会社の先輩と話。
先輩の将来の夢は、カジュアルなわいわいワインバーを立ち上げること。

なぜなら日本におけるワインは不遇で、「高級」「敷居が高い」、人に
よっては「見栄っ張り」なんて悲しいイメージを持たれている。
外国ではワインとはいい意味で雑に楽しまれる飲みもので、自分はそういう
楽しみ方からワインを好きになった。だから日本にもそういうカルチャーを
広げていきたい。

というもの。

そう話していてふと思ったのが、ワインは外国から入ってきたものなのに
なぜカルチャー(カジュアルなカルチャー)は一緒に輸入されてこなかったのか。
ということ。

なんとなくだが、輸入業者のマーケティングにその理由がある気がする。

日本だと日本酒って、角打ちみたいなところでみんなでガヤっと飲んだりするけれど、
ここシンガポールをはじめ海外ではSAKEというかっこいい高級な飲みものに
なっちゃっている。

日本でカジュアルな日本酒(もちろん高級品もある)が海外では高級品、
海外でカジュアルなワインが日本では高級品。

輸入品を高く売りたいので、輸入業者が高級なイメージつけて
ブランディングしているのですかね。

となると先輩の温めているわいわいワインバーが日本でブレイクしたならば、
日本が輸入業者の洗脳から脱し、真にワインを理解したということになるのか。

しかし飲み物自体よりも、たしなみ方にこだわりを持っている先輩には
真のワイン愛を感じたな。個人的にはワインは断然、ワイガヤのカジュアル派です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 完全に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。