自分の勉強のためのブログ

文章を書く訓練につかいます。
日記、ふと思いついたこと、読書感想文など。
なるべく毎日更新頑張ります。

[映画]J エドガー

2017-07-15 15:08:52 | 日記
FBI長官として米国に君臨し続けたフーバー長官の一生を描いた作品。

クリントイーストウッド監督だけにかなり期待していたが、個人的にはあまり、、、な映画だったな。

・チープな特殊メイクが良くない。
現在のフーバーは普通におじいちゃんの
役者に演じさせるべきだったと思う。

・淡々と進みすぎて眠くなる。

・デカプリオの声はやはりデカプリオだな。
ウルフオブウォール・ストリート観た後だった
からベルフォートの独白に思えて密かに笑って
しまった。

しかし 「全てを得たように見えながら今ひとつ、人生の大切なものを掴みきれない男」を演じさせるとデカプリオの右に出るものはいないと思う。これは、彼がオスカー賞候補に何度もあがりながらも、なかなか取れなかったことに起因する気がする。(この前 レヴェナントでとうとう受賞しました。念のため。)

強烈に求めながらも、心のどこかで叶わぬ悲願と諦めてもいる、そんなアンニュイが彼の演技に深みを与えていたのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマトラ式防犯対策 | トップ | [映画]必死剣 鳥刺し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。