なんじゃこりゃあ!!

自然科学全般をこよなく愛するブログです。OCNブログ人から引っ越してきています。

サイエンスゼロ12日分

2017年03月13日 | サイエンス

皆さんこんにちはtatuakicadoです(^◇^)

お元気でしょうか?春らしくなりましたね~花粉の飛散も気になります(;・∀・)

今月から仕事の時間が変わりまして、その分給料にもひびくようになりました(ノД`)・゜・。もっと計画的にものを買ったら良かったなと思っています。これから不景気も本格的になるんでしょうか?

さて、昨日のサイエンスゼロは題して「チェルノブイリ原発と福島第一原発」がテーマでした。

チェルノブイリ原発は1986年に起きました。原子炉が爆発してしまい旧ソ連は壊れた原子炉を鉄や囲いで封じ込める策に出ました。その石棺が壊れてしまい最近巨大なドームで囲い直したばかりです。しかし建設には問題がありました、現場は被ばく線量が多いのです、そこで石棺から離れた場所から巨大なドームを建設それを移動してかぶせると言う建設方法を取りました。

福島第一原発ではこのようなシェルターを作ることは考えられていません。

ドームを移動するには車輪では重すぎて壊れてしまうので滑らせて移動させ動力には油圧ピストンを使います。

これで廃炉作業を行うかと思いますが、作業を遅らせて廃炉作業を行う事を選んでいるようです。それは放射線が半減期で弱くなるのとしっかり対策を立てようと言う事です。

さて、福島第一原発の廃炉にはどうしたらいいでしょうか?チェルノブイリと福島第一原発では事故の種類や構造が違うのですが部分的にチェルノブイリでも使われた機械が廃炉作業に向けて使われています。

ポイントは燃料デブリを取り除くときに微粒子やガスが出てきます、その時にフィルターなどで通さない事が重要です。

これだけ見てみると原子力はクリーンで安全な・・・と言う事でなくとてつもない労力と莫大な資金がかかると言う事が見て取れますね。

そりでは皆さん。

春の陽気に誘われ今週も頑張りましょう。

そりでは<(_ _)>

※見逃した人は是非NHKオンデマンドで見てください('ω')ノ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銀河をさまようブラックホー... | トップ | 月の形成の新説(Newtonより) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。