日々のことを徒然に

地域や仲間とのふれあいの中で何かを発信出来るよう学びます

鉄道の日に思う

2016年10月14日 | 社会

 新聞の折り込みで今日は「鉄道の日記念日」と知った。日本で初めて鉄道が開通したのは1872(明治5)年6月12日の品川ー横浜間だがこれは仮営業で、新橋から横浜(29㌔)間が開通した10月14日を記念して1922(大正11)年国鉄は鉄道記念日に制定した。国鉄は分割民営化(1987年)され、その後1994(平成6)年に鉄道の日と改名された。鉄路は変わらないが人の都合でいろいろ変わるものだ。

 鉄道唱歌の1番だけはハミングできる。「汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり 愛宕の山に入りのこる 月を旅路の友として」。神戸まで66の歌詞がある。これは唱歌第1集、第2集は山陽路から九州へ、その23番に岩国は「岩国川の水上 かかれる橋は算盤の 球を並べ如くにて 錦帯橋と名づけたり」と歌われている。現在の岩国駅は1897(明治30)年、広島ー徳山間の開通により開業した。

 国鉄・JRにはお世話になったというかよく利用した。出張といえば往復ブルトレで0泊3日の東京、新幹線がより便利になると東京・千葉は日帰りが多くなった。北陸や九州への出張は、山陽本線では思いもよらない形式・色・内装・車内サービスなどの特急が走る。出張コースを練りながらどの列車を利用するか、旅の疲れを癒すを言い訳にして選んだ。

 大都市間の交通手段は高速化され便利になる。それでもリニア新幹線の建設が始まっている。地方に目を転ずれば廃止になるJR線もある。民間企業だから赤字路線から撤退は仕方ないといえばそれまで。過疎地に暮らす人、特に高齢者の交通手段確保も考えることも重要だ、鉄道に日に思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 右と左 | トップ | 次は日本一 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無人駅が無くなる・・・ (sibuya)
2016-10-14 19:37:36
北海道は広い・・人口減に伴って無人駅が増えたが
その無人駅も廃止される‥とJR北海道の発表だ。
更に留萌-増毛線の廃止 夕張線の廃止などなど
赤字に苦しむJR北海道の苦渋の選択のようだ。
この春 北海道新幹線が「函館北斗駅」まで開通したが
札幌までの延長はあと10年は掛かるようだ。
「広い北海道 一人だけの知事では力が発揮出来ない
から新幹線の延長が遅いのでは」と云う意見もある。
かと云って北海道を2~4つに分県するのも?・・と
「鉄道の日」に思うのです
sibuyaさん (tatu_no_ko)
2016-10-15 19:58:49
国有鉄道なら廃線は政治家の反対で中止になるかも、民営会社では簡単には中止にならない。
北海道の分割案は報道で見ましたが、問題も多そうでいつになるでしょう。
こちらでは中国山地から山陰へ抜ける110キロの廃線が大きな問題になっています。
高齢化と過疎と交通、何とか解決しないといけません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。