日々のことを徒然に

地域や仲間とのふれあいの中で何かを発信出来るよう学びます

清流も濁る

2017年04月21日 | 地域

 市内を貫流する清流・錦川も大雨になると茶色く濁りその後遺症は数日続く。「今、川は濁流となりいる。明日・明後日には砂利や泥水で洗い流され素晴らしい清流に戻る」と川を生業の一つにする上流の人の長年の経験が言わせる。それは坂本龍馬の「今一度川を洗濯し候」という言かららしい。濁流が川を洗濯するとは面白い。
 
 源流から100㌔余も下流になると、増水したいくつかの支流の水量も加わり300㍍を超える川幅一杯になる。流れる川面を橋上から眺めると、流れはゆっくりだがいくつもの渦が巻いている。その渦は流木を巻き込み下流へと移っていく。ゆっくりした流れからは想像つかない流力を見せる。いつも見かける水鳥はどこに避難しているのか見えない。

 中州の風情ある枯れすすきの原は下流へ向かって押し倒され、気の毒極まりない。この試練が新しい芽生えを促すのだろう。中州は野鳥の住処にもなっているが、水鳥と同じく姿は見えず鳴き声も聞こえない。こちらもどこへ避難しているのだろう。毎回、減水すれば帰ってくる素晴らしい知恵を持ってはいるが、巣の復旧は大変だろう。

 6月になると鮎魚が解禁になり、夏の岩国観光の主役となる鵜飼が始まる。先月の末、鵜飼の主役となる鵜の飼育施設「吉香 鵜の里」が完成した。ここで飼育訓練された鵜の活躍が楽しみだが、濁流に見舞われるとその日は中止となる。思う存分に鵜を活躍させて欲しいとは天に祈るしかない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの日から半世紀 | トップ | 陶芸 いつかは逸品を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。