日々のことを徒然に

地域や仲間とのふれあいの中で何かを発信出来るよう学びます

1枚62円です

2017年05月15日 | 社会

 小泉純一郎氏は「自民党をぶっ壊す」そう言って総裁となり首相になった。いろいろな功績も失敗もあった。米国でギターを弾くポーズにずっこけた人もいた。ワンフレーズの発言は分かりやすいが誤解を生ずることもあった。いろいろあったが郵政事業を民営化するための「郵政解散」はそんな話題の一つ。

 閣内の反対も押し切って衆院を解散したのは12年前の8月、総選挙で勝利し郵政事業はステップを踏んで民営化された。民営化されても「サービスは変わらない」、それを信じた国民は多いが、次第に下降している。現に、近くにある普通郵便局が近々、特定局になる、と勤務している人の家族が話している。どこかでサービス低下をストップして欲しい。

 略称JPの日本郵便株式会社、経営の厳しさは報道で知らされる。第一の原因は通信手段の日進月歩に押されるのもその一つという。年賀状の大幅減はそんな表れの一つ。小包は宅配に押されぱなし、業務が企業分割され縦割りとなり融通がきかなくなった。改善はされているようだが、親方日の丸意識の払拭は完全ではないようだ。

 昔のことを思い出しながら「6月1日から郵便はがきの料金等を変更させたいただきます」の連絡を見ながら内容は「値上げ」でしょ、と言いたい。変更の表現がお役所から抜けていない、製造業なら値上げとずばりいう。年賀はがきは52円据え置きで値上げしない。規格外郵便はかなりの値上げ、増収増益へ寄与しようと新はがき発売初日に数枚購入した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 創作中 | トップ | 禁煙の勧め »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。