日々のことを徒然に

地域や仲間とのふれあいの中で何かを発信出来るよう学びます

リンゴの味と運命

2016年10月17日 | 生活・ニュース

 この季節の果物のひとつにリンゴがある。本州最西端のここ山口県が産地の限界といわれる。その産地は島根県境近くにあり、家族や同好の仲間と何度かリンゴ狩りに出かけたことがある。そこでの味見は1個を何人かで分けあいながら好みの物を見つける。これも結構楽しく、無邪気なころに戻っている。自家製のリンゴジュースをごちそうになったこともある。

 その産地のリンゴが袋入りで積まれている。数個入りの一袋の値段はまあまあといったところ。どれにするか選んでいるとき、横に並んだ夫婦の「美味しいかね」という連れ合いの疑問に「そりゃあ運命いや」とご主人。リンゴの味に運命とはいささか大げさ、と思いながらも、自分も味よしを探しているので運命の意味も解らぬではない。

 運命、学校で習ったベートーベンという名前が浮かぶが、これは交響曲第五番ハ単調の日本での通称という。曲が運命を感じさせるのだろうが疎くてわからない。運命とは「人の意志に係わらず身の上に廻って来る吉凶禍福、これは辞書類の説明。運命のなせる業、運命をたどる、よく聞く言葉だがこれまで真剣に考えたことはない。のんびり無頓着に過ごして来たのだろう。

 その運命のリンゴ、甘みと酸味が程よく、しゃきしゃきした食感は好みに合い果汁も程よい。吉凶禍福の福、いい運命との出会いになった。美味くてもそうで無くてもそれは自然にめぐってきた運命、寛容な精神の人にはきっと神の恵みがいくだろう。食欲の秋、なんでも美味しく頂いている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真赤激の経済効果 | トップ | さてと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。