日々のことを徒然に

地域や仲間とのふれあいの中で何かを発信出来るよう学びます

2016年09月15日 | 生活・ニュース

 からりとした澄んだ青空、果物の観光農園が賑わい、彼岸花の燃えるような赤、秋雨前線、今夏に降った豪雨で水は足りているが季節の便りとしては欠かせない存在、南北に上下しながら湿りを施す。見逃せないのが連続発生している台風、秋を演出する一つではあるが14号の威力、16号もこれに劣らない勢力で日本向かっている。

 そんな秋だが一つ物足りないことがある。近くの小学校、2学期と言えば運動会、例年ならその練習の音楽、先生の声にホイッスルなど聞こえるのだが、運動会は春の学校行事に変わった。これは全国的な傾向らしいが、長年慣れ親しんだ秋の大きな催事がなくなると地域の様子も変わったように感じる。9月末の運動会は戻ってこない。

 今日は中秋の名月。中秋に眺める月は、澄んだ夜空に昇るまん丸な月と思いきや、今年は満月の2日前とか、まん丸の一歩手前という気象予報士、予報士の意地悪ではないだろうが満月は2日後になる。満月、三日月、上弦・下弦の月、明日は満月の前夜で小望月、満月の翌日は十六夜、立待月、居待月、寝待月もよく知られる、月の呼び方もいろいろある。

 月の形、東の空に昇る時間などを観察しその月に名前を付けて昔の人は楽しんだ。何百光年先の星雲やブラックホールが見え始めると36万キロ向こうの月は逆にかすむのかもしえない。しかし、満月の広島東洋カープはお昼前に凱旋した。が気を抜けない試合が待っている、とうのはおそらくCSを競うのは巨人、熱海の海岸ではないが今夜の月にいい試合を見せてくれ。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 復活の小糠踊 活気を | トップ | 掲載数1000編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。