日々のことを徒然に

地域や仲間とのふれあいの中で何かを発信出来るよう学びます

次は日本一

2016年10月15日 | 社会

 セリーグのクライマックスシリーズ第4戦はカープの本拠地マツダスタジアムで行われ、広島が横浜DeNAを8対7のスコアで破り25年ぶり7度目の日本シリーズ進出決めた。初回6点を先取、楽勝というより何か大荒れな試合になる、そんな予感がした。先行こそさせなかったが広島フアンにとっては勝と信じながらも、のんびりTV観戦というわけにはいかなかった。

 8回広島はジャクソンをマウンドへ送る。見事な3者凡退で1点差を守る。9回は守護神こと中崎、大歓声を背にうけて投げる。ロペスを二死から四球で歩かせた。次は強打2冠の筒香、ここは守護神を信じるしかない。真正面から勝負し三球三振で仕留めた。掲載の写真は、筒香が三球三振を喫し、広島が日本シリーズ出場を決めた瞬間、TV中継から撮る。我ながらいい1枚と思う。

 購読紙からは号外が送信されてきた。見出しは「カープ日本Sへ」、勝利を喜ぶナインの大きな写真、詳細は明日の朝刊でというところ。号外には地元企業の大きな広告も載っている、優勝を祝し明日から大バーゲン、そんなお知らせメールも届く。日本シリーズ、相手は北海道でも九州どちらでもいい、最高の試合をしてほしい。

 150㌅のスクリーンを備えた岩国のパブリックビューイング会場、広島ー横浜戦の中継を見ながら、球場さながらの雰囲気が伝わる映像がネットから見られる。心底カープフアンの知人の一喜一憂する声も聞こえる。こうした応援をする人らの力が広島を強くしたのだろう、22日からの日本シリーズが待たれる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄道の日に思う | トップ | 真赤激の経済効果 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。