日々のことを徒然に

地域や仲間とのふれあいの中で何かを発信出来るよう学びます

3冠なる

2016年10月12日 | 地域

 「第71回きぼう郷いわて国体」は終わった。山口県は総合順位男子29位、同女子34位で昨年より順位を少し下げた。しかし、好成績を残した競技もある。その一つにハンドボール少年男子、地元紙の見出しは「『山口ハンド少年男子』3冠」、大会前から優勝候補の筆頭で3冠なるかの報道はされていた。見事、6年ぶり8度目の優勝を遂げ県民の大きな期待に応えた。

 3冠は3月の全国高校選抜、8月の全国高校総体(インターハイ)と今回の第71回岩手国体の3大会で優勝した。前2回は岩国工業高校単独チーム、国体は山口県選抜チームで岩国工から監督と主将などチームの7割くらいが岩国工から出場している。OBといしては大きな喜びである。監督の親戚という知人に出会い話がはずんだ。

 3冠の定義は、1人もしくは1チームで、同一年または同一シーズンに三つの賞を得ることをいう。よく知られているのは野球と競馬の三冠王。プロ野球3冠王は打率、本塁打、打点でトップ、落合選手3回、王選手2回など11回ある。競馬はクラッシクレースの皐月賞、日本ファービー、そして菊花賞の3大レース。シンザン、ミスターシービー、シンボリドリフなどの馬名は記憶にある。

 国体決勝戦は沖縄県と対戦。前半は守備が中途半端となり2点リードされた。後半は積極的な守備から攻撃のリズムをつかみ9点差をつけ32対25で優勝した。選抜チームとしての難しさも経験した選手たち、この経験は次の進路にも役立つだろう。岩工OBには東京五輪を目指すホープもいる。山口県出身選手として東京五輪を目指せ。

 今日からCS広島ーDeNA戦が始まる。勝を信じているのでどう勝かだけに興味がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 使いよう | トップ | 右と左 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。