日々のことを徒然に

地域や仲間とのふれあいの中で何かを発信出来るよう学びます

かぼちゃ

2017年07月13日 | 生活・ニュース

 「初収穫です」ともらったのは緑濃いかぼちゃ。スーパーで分け売りは買うが丸々を買うことはない。切り売りより重みも豪華さも感じる。何より贅沢な一品に思える。終戦後の子どものころ、かぼちゃは大切な食料として大事に育てられていた。我が家でも畑の法面に生っているのを、祖母がポンポンと叩いていたのを思い出す。

 不確かだが「南京かぼちゃ」という言い方を記憶している。南京、中国の都市で古来、政治や軍事の要地というくらいは知っている。南京は「かぼちゃの異称」ともある。南京かぼちゃと呼ぶとかぼちゃかぼちゃ、ということになるのか。いい説明がある、南京は「珍奇なものや小さく愛らしいものに冠する語」という。南京かぼちゃは後者の説明にしておこう。

 かぼちゃを漢字で書くと「南瓜」となる。「南瓜野郎」と「南瓜に目鼻」この二つは決して言葉にも口にもしない方がよい。母は夏に収穫したかぼちゃを冬至まで保存、脳卒中にならず風邪をひかないと食卓に乗せた。今も我が家では続いている。黄金色した肉厚の実からだろう金運にも恵まれると聞くが、この年までまだ縁はない。

 南九州は梅雨明け宣言された。順次、西日本にも宣言は北上してくると、さらに暑さはまし居場所を定めるのが大変になる。そんな暑さの異常現象で驚いた北海道での話し。内容は「トタン屋根が熱せられて天井に備え付けてある火災報知器が作動」というもの。尋常ではない今年の暑さの象徴の一つかもしれない。夏野菜をしっかりいただき夏バテを防ごう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 買い物風景 | トップ | 暑かろう »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かぼちゃ (もぐら)
2017-07-13 20:54:49
いつも楽しく読ませて貰ってます
かぼちゃは 戦後お米の無い時代は
薩摩芋と共に代用食の一翼を担っていました
畑でなくても土手等でも採れて
ぼーふらなどと 呼び名も泥臭かった
現在は品種も改良され甘くて美味しい
甘辛く煮ると 冷えても美味しく
口取りの一品になります
もぐらさん (tatu_no_ko)
2017-07-14 19:31:01
かぼちゃ、緑や黄、赤系などのり面の¥を飾っていました。
子どもころは焚いても揚げてもよく食べた記憶があります。美味かったと思います。
収穫されないかぼちゃも見受けます、耕作者が不在なのでしょうか。

コメントを投稿

生活・ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。