日々のことを徒然に

地域や仲間とのふれあいの中で何かを発信出来るよう学びます

小さな自分史

2016年12月07日 | エッセイサロン
2016年12月07日 毎日新聞「はがき随筆」掲載

 手帳を来年用に替えた。役目を終えた手帳、いつもそばにいて忘れ防止を支え、一緒に時を刻んでくれる相棒だった。

 繰ってみる。この1年の新しい出会いや出来事、怒ったり喜んだり心配したことなどいろいろ思い出させる。すっかり忘れていることもいくつかある。

 退職してから続く手帳交代。毎年、小さな1冊から自分の1年を見返している。今年も反省は多いが心なしか明るい。それはがん手術後5年の節目を超えたという安堵のせいだろうか。

 最後の日「1年間ありがとう」と書き断捨離できず保管している先輩手帳のそばに並べた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インフルエンザ | トップ | ビンゴ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイサロン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。