たっちゃんのバイク沼

たっちゃんのレンズ沼の別館
好きなバイクの紹介ブログです。

【たっちゃんのバイク沼 第3沼XVS400③】 フロントタイヤ交換です

2017-03-15 20:19:19 | 03 XVS400 1996

XVS400のタイヤはもらってきた時のままなんで、そろそろ交換時期、サイドにクラックも入っちゃってるし・・・溝も略なくて、とりあえず前だけ交換します。古くなったタイヤはダンロップのKABUKI「歌舞伎」ですよね。

でも、サイドスタンドしかないのでフレームの後ろの方の左右にジャッキを入れて水平にちょい持ち上げます。DS4はジャッキを使って持ち上げやすいフレームなんですよね。傷がつくのも嫌なので木を間に挟んでます。

前はフレームのクロスパイプにジャッキを当てて持ち上げます。フロントアクスルを抜いてホイールを外します。ブレーキディスクは片側だしタイヤも細いからキャリパーは外さなくてもそのまま抜けます。フリントフォークのアウターチューブの下端が割り締めになってるのは、フロントフォークがスムースに動くようにするためなんですよ。

外して、これからタイヤ交換ですな。まずバルブの虫を外して空気を大体抜いてまた虫をつけときます。そこそこ空気が残ってたほうがタイヤレバー使ったときにチューブを傷つけないですからね。

例の木工用のクランプでビードを落とします。ハンプがチューブレスのリムより低いせいか一か所落とせば, 後は膝で押せば大体全体に落ちます。

片側が全部ハンプ落ちした段階でチューブを外しておきます。これもチューブを傷つけたくないから。

タイヤレバーを使って少し無理やりタイヤをリムから外します。古いタイヤは新しいものより硬化してて外し辛いんです。ビードが痛んでも捨てるタイヤだから平気。

ゴムのバンドの脇や下に錆がかなり来てます。このゴムはチューブがスポークの端に当たって傷つかないようにするためのもので重要なんですよ。

見えない場所だし錆はなんとかしたいので白い錆止めを塗っちゃいました。

外しておいたバンドです。伸びちゃわないように慎重に外したんすよ。

IRC井上製の新しいタイヤWF-920 100/90-19 MC 57H W/Tです。もちろんW/T チューブ用です。アメリカン用らしいです。個性的なパターンだし、なによりダンロップやブリジストンより安いです。でもIRCは日本のメーカーだしミニバイクレースでは実績あるし信用してます。

シャボンをつけておきます。古いタイヤは硬くて苦労しましたが、新しいタイヤはゴムも新しいので柔らかだし日に当たってて温かくなってたのでタイヤレバーを少し使っただけで案外楽に入りました。

空気を入れて嵌め換えは終了です。

元通り組み付けてタイヤ交換終了で-す。なかなかいいじゃないすか。

リヤタイヤは高いしまだ使えそうなのでまた今度。このときついでに前後のタイヤのサイドのロゴを白いペンで塗ってホワイトレター風にしてみました。気に入ってます。

 

片側リムに嵌めた状態でタイヤチューブを戻します。タイヤのビード部には外す時も入れる時も

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【たっちゃんのバイク沼 第7... | トップ | 【たっちゃんのバイク沼 第5... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

03 XVS400 1996」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。