鬼山竜也の住宅業界 商売の王道

良い家づくりに真剣に取り組んでいる方々が、お客様のためにより良い仕事が出来るようになるためのヒントになれば、嬉しいです。

【2264回】 採用のために・・・

2017年03月12日 | 住宅コンサルタントとして
建設業界や土木業界に魅力を感じている若い方、学生さんは、本当に少ないです。

その地域を代表するような大手商社さんですら、本当に人材募集に苦労されています。

これからの時代、採用に本当に力を入れないと、魅力的な人は入社してくれないことになるでしょう。

この時代の変化を捉えられない経営者は、
ただハローワークや求人誌にスタッフ募集の広告を掲載するだけ・・・。

それって、何の努力もしていないのと同じです。

スタッフの募集に力を入れるために、まず何をしなければならないのか?

この質問に答えられる経営者が経営する会社は、
採用のためのWEBコンテンツを作成し,自社のWEBサイトに掲載すれば良いと思います。
また採用用のプロモーション映像をつくっても良いかもしれません。

ただ、優秀な人材を採用するためには何からしなくてはならないか?
この質問に答えられない経営者がすごく多いような気がします。

私なりの答えは、まずは良い会社、良い組織をつくっておくことが第一。

会社の理念、ビジョンを定める。
中期的にどこを目指しているのかを明確にする。
そして社員さんの成長のための取組み、
気持ちよく社員さんが働けるような評価制度や就業規則の制定などに取り組むのです。

今の時代、社員さんはただお給料をもらえれば良い、という考えでは働いてくれません。

やりがいを感じられること。
必要とされること。
そして自分自身が成長できること。

こうしたことを感じながら、働けるように会社の制度をつくっていくことです。

こうして良い会社をつくっている中で、採用のためのマーケティングを行っていくことが大切です。

良い会社をつくる前から、プロモーションを頑張ったところで、
入社してくれたスタッフさんが辞めていくだけです。

順番を間違えないようにしたいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【2263回】 地方が衰退... | トップ | 【2265回】 業界を極め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

住宅コンサルタントとして」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。