鬼山竜也の住宅業界 商売の王道

良い家づくりに真剣に取り組んでいる方々が、お客様のためにより良い仕事が出来るようになるためのヒントになれば、嬉しいです。

【2116回】 師匠と久しぶりにお会いしました!

2016年10月15日 | 住宅コンサルタントとして
昨日はとあるエリアでコンサルティングを終了後、
東京に移動し、3年ぶりに師匠と食事を一緒にさせていただきました。

半年近く前に、食事のお誘いをしたのですが、
お互いの日程が全く合わず、無理くり昨日の夜20時半からセッティングし、
師匠にそこに合わせていただく、という暴挙の結果(笑)、実現したのです。

待ち合わせ場所の近くで、周りをきょろきょろしながら、
いろんなビルに入っては出て、入っては出て、と、
ちょっと怪しい動きをしている人を発見!

もう、見た瞬間に「師匠だ!」と分かりました(笑)!

全く、変わっておりません。

とにかく、お会いできて、一緒にお食事をさせていただくことができて、良かった・・・。

今の自分があるのは、右も左も分からず、
更には社会的な常識も、成功するための基本的な考え方や行動のパターンすら知らなかった私に、
いろんなお手本を示して教えて下さった師匠のおかげです。

ちなみに、我が家の家内も師匠のことが大好きで、
長期出張に行く私に、「師匠に是非、渡して欲しい」と
プリザーブドフラワーのボックスアレンジメントをせっせこ作って持たせられました。

本当はあいつも一緒に食事をしたかったでしょう・・・。

途中、家内に電話をして、師匠に変わっていただいて、
ちょっとお話をして欲しいとお願いしましたが、
嫌な顔一つせず、師匠はお話をして下さいました。

師匠とお会いすると、自分の近況報告をさせていただきつつ、
師匠が今、影響を受けている人、本を教えていただいたり、
モデルとされている企業やお店を教えていただくのです。

昨日、教えていただいたのは、
ネッツトヨタ南国さんと天外伺朗さんのお話でした。

やっぱり、そこなんだなぁ、と納得。

いかにマニュアルやルールで縛って社員さんを動かすか、ということではなく、
自主的に社員さんが考えて動く組織(会社)が理想だとお考えなんだなぁ、ということが
伝わってきました。

自分自身、昨日、師匠とお会いさせていただいて、
コンサルタントになりたての、新人の頃を思い出しました。

原点に戻れるのです。

また近いうちに、お食事でも行きましょう!

皆さんは昔の恩師に最近、お会いされましたか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【2115回】 組織の利益... | トップ | 【2117回】 初心を忘れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。