鬼山竜也の住宅業界 商売の王道

良い家づくりに真剣に取り組んでいる方々が、お客様のためにより良い仕事が出来るようになるためのヒントになれば、嬉しいです。

【2143回】 職場に私的感情を持ち込まない

2016年11月11日 | 住宅コンサルタントとして
私自身、今でもそうですが、若かりし頃は本当に未熟でして、
当時の職場の上司や先輩、同僚、後輩の方たちにかなり迷惑をかけていたと思います。

というのも、体調がすぐれなかったりプライベートで嫌なことがあった際に
自分の今の感情がモロに職場で出ていたからです。

これって、周囲の方に気を遣わせてしまったり、
場の空気を悪くするので、本当はダメなことなのですが、
当時の自分は、周囲への影響よりも自分の感情を優先する、完全なる子どもだったと思います。

今、思い返すと、本当に情けない・・・。

プロのビジネスパーソンであれば、自分の感情よりも周囲への配慮を優先させなくてはいけません。
自分の都合よりも、お客様のことを優先しなくてはいけません。

それでこそプロ。
それができて、更に仕事で成果を出してこそ、お給料をいただく権利が発生するのです。

ただ規定された時間だけ会社に来ているだけでお給料をもらえるなんていう思想は、
百害あって一利なしです。
競争力が急激に落ちてしまうのです。

しかしながら、成果も義務も果たさずに権利だけを認める風潮があるのは残念なことです。

いずれにしても、プロのビジネスパーソンであるならば、
自分よりも周囲への配慮を優先させ、自社の都合よりもお客様のことを優先する。

当たり前のことですが、徹底できていないこと、多くないですか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【2142回】 見学会の効果 | トップ | 【2144回】 自分の専門... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

住宅コンサルタントとして」カテゴリの最新記事