鬼山竜也の住宅業界 商売の王道

良い家づくりに真剣に取り組んでいる方々が、お客様のためにより良い仕事が出来るようになるためのヒントになれば、嬉しいです。

【2358回】 周囲に気を配る癖付け

2017年06月14日 | 住宅コンサルタントとして
私は仕事で毎日のように飛行機や新幹線を利用しますが、
いつも気を付けていることがあります。

それは、他の人の邪魔にならないようにする、ということです。

歩く時でも、立ち止まる時でも、周囲の人の邪魔にならない位置取りを意識します。

改札の近くやエスカレーターの近くでは絶対に立ち止まりません。

またそれ以外にも、いろんなところで気を付けています。

この時期ですと、においには気をつけています。

乗り物に乗っている時に電話がかかってきた時も
必ず降りてから折り返す、もしくは新幹線であればデッキで通話する、など、
当たり前のことですが、徹底しています。

レストランで食事をする際の会話のボリュームにも気を付けています。


もともと、礼儀マナーなどは全く知らず、自分自身の本能のままに生きてきました。

ですから、学生時代などは本当にひどかったですし、
周囲の方にも多大なご迷惑をかけてきたと思います。

ただ、このお仕事をさせていただく中で、一流の方と出会う機会が圧倒的に増え、
一流の人の言動、立ち振る舞いを見る機会を多くいただくことが出来ました。

一流の方を拝見していますと、もう立ち振る舞いがお見事というか、
本当にいつも周囲の方に気配りを欠かしていないのですね。

自分の発言がどんな影響を周囲に与えるのか?
自分の態度がどれだけ周囲の空気に影響を及ぼすのか?
ちょっとした部分ですら、そういう配慮を欠かされないのです。

それを見ていて、自分もこうなりたいなぁ、と・・・。

スマートな立ち振る舞いが自然とできるようになりたいところですが、
まだその域には遠く及びません。

でも自分自身の言動や立ち振る舞いにはこれからも気を付け、
一流の人を目指していきたいなぁ、と思っています。

そして「外相もし背かざれば、内相必ず熟す」の言葉のように、
最終的に内面も成長できれば、と思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【2357回】 わずか5年... | トップ | 【2359回】 業種問わず... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。