鬼山竜也の住宅業界 商売の王道

良い家づくりに真剣に取り組んでいる方々が、お客様のためにより良い仕事が出来るようになるためのヒントになれば、嬉しいです。

【2223回】 お客様を選ぶ

2017年01月30日 | 住宅コンサルタントとして
個人的な意見ですが、住宅会社はただ、契約を頂ければ良い、とは思いません。

究極は、価値観が合うお客様にだけ、家づくりを託していただき、
それで会社を運営していける利益が確保できれば理想だと思っています。

もちろん、価値観が合うお客様だけでは利益が出ない、ということであれば、
当然ながら多少、価値観が異なるお客様にも依頼していただけるように
頑張る必要はありますが・・・。

どういうお客様が理想的かと言うと、
人で購入先を選び、人を信じることができるお客様です。
そしていろんな方に配慮できるお客様です。

もちろん、こうしたレベルの高いお客様に、信じていただけるよう、
日頃から自分たちの人間力を高めておかなくてはなりません。

逆に損得だけで判断する人。
義理人情に欠ける人。
人を信じることができない人。
周囲に気を遣えない人。
時間や約束を守らない人。
礼儀に欠ける人。

こういう方の家づくりをさせていただいたとしても、こちらの気持ちも入りませんし、
何よりこういうお客様がどれだけ増えていっても、つながっていかないのです。

分かります?

自分の損得しか考えない人って、当然与え好きではないですから、
本当に良いものも人に勧めたりしないです。

義理人情に欠ける人は友達が少ない(というかいない)です。

人を信じることが出来ない人は、こちらの気力と体力が奪われます。

こういう体質のお客様が増えていっても、10年後、
例えば紹介が発生したり、売れやすい環境になっている、ということはないでしょう。

だから、ずっと新規のお客様との出会いに苦労し続けることになります。

すなわち、OB様に喜んでいただくようなイベントを企画するどころではなくなるのです。


そして良いお客様から選ばれるためには、
当然ながら自分たちの人間性が重要になってくるのです。

人間、似た者同士が引き合います。

良いお客様に来ていただくためには、自分たちから良い波動が出ていなくてはなりません。

皆さんの会社、それから皆さん自身、良い波動は出ていますか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【2222回】 引き寄せの法則 | トップ | 【2224回】 仕事上での... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。