一ノ宮ブロッコリー農園

末森樹(すえもりたつる)のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

書かないとやばい

2005年04月30日 | 日記帳
昼寝をしました。最初ギターを持っていたのですが、気付いたら寝てしまった。25度くらいの日だったので窓を全開にしていました。しかし寝るにはさむかったようです。そこで僕は寒さを防ぐためギターを布団代わりに体にかけて寝ていたのです。次の曲はどんなかしら、自分でも分らないのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月25日

2005年04月26日 | 日記帳
吉祥寺に行きました。夜に友人がスターパインズカフェでライブをするのです。時間があったので、スタジオLEDAに新しいcdを届けに行きました。あそこのソファはとてもすわり心地がよいです。40秒くらいでしょうか、ソファで休憩してからLEDAの近くの小さい店が並んでいるところに行きました。かっこいい文具の店、きれーいなフランスからのアクセサリ、洋書など盛りだくさんのスポットでした。その後、ふと、家具屋の入り口でかなりすわり心地の良いソファを見つけてしまった。これが自分の部屋にあったら…いや、だめだ。えーい。 一度は諦めたのですが結局買ってしまった。部屋にくるのが楽しみです。
そしてライブ。最初ジオラマシーンというバンド。橋本くんの声がとても綺麗でした、気持ち良さそうにやっていたので何かうらやましかったです。ドラムのおがつ君とジャズセッションやってみたいなあ。
そしてパンクバンドや弾き語りのあと、Ceroというバンドの出番。高城くんの曲はとても独特で、引き込まれていくものがあるなと思いました。タッピングもうまくなっていました。
同年代の人がライブするのを見ると、いつもとにかくうらやましくなってしまうのですが、今日はライブを楽しめたような気がしました。でもうらやましかった!スターパインズカフェってそんな場所なのだ、と思いながら電車で帰りました。皆さん、おつかれさま!
関もどるくん、いろいろありがとうございました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5月17(火)

2005年04月21日 | jazzguitar研究帳
南青山MANDALAにて演奏します。
松本 英明(箏) 笹木研吾(pf)◆ 末森 樹(Ag)◆ 壱零base(Hammerd Dulcimer)
 開場18:30 開演19:00 3,000ドリンク付

ちょっと高いですが、それだけのものをやろうと思っています。チケットは当日のみです。
ぜひ遊びに来てください!http://www.mandala.gr.jp/
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は

2005年04月20日 | 日記帳
学校の近くの公園へ行きました。歩いている時はもう夕焼けで、通りの車がきらきらしてとても綺麗にに見えた。公園についてベンチに座るとまず白くてとてもひとなつこい犬が寄ってきました。よってくるたびに(飼い主のおばあさんがひっぱるがワンがすぐよってくる)なでてみるとすごく嬉しそうにしていました。ふと上を見たら新緑がとても良かったです。そのあと日消える瞬間を見たり子どもが野球しているのを見たりしました。こんな日っていいな、とおもいました。
高田渡さま、ご冥福お祈りします。一緒のステージに立てたことをずっと大切に覚えていたいです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

4月7日

2005年04月12日 | 日記帳
曼荼羅グループのライブハウスLEDAのモニターをやらせてもらいました。LEDAは今年2月に出来たばかりの綺麗でゴージャスなスタジオでした。普段僕はスタジオに入って練習するという機会もないので良い経験です。時間は三時間のパックで、通常エンジニアつきで28000くらいするらしいのですが、なんと無料でやらせていただけました。前もって打ち合わせして、come back salmon と けむりをやろうと決めていきました。まず始めにサーモンを取りました。一番初めの演奏が終わって実際聴いてみると、サウンドしなかったりいらない音が入っていたり散々なものでした。レコーディングで求められる音はかなりハードルが高い、ということにここで気付きました。どうやら普段あいまいに自分の出した音に責任を持たずにギターを弾いているツケ、はこういうところでまわってくるんだ、と思いました。しかしそんなことは言っていられません、今日とれる一番のものを出さなければいけないのです。そこからが長かった、とっては聴き、またとっては聴きを十回くらい繰り返しました。ここで気付いたのはギターの音は毎回全然違うということでした。曲をとる前にエンジニアの方やスタッフと話したり、外にでてジュースを飲んだりすると、明らかに違う音がでました。そしてようやく納得のいくテイクが取れました。サーモンに二時間以上かかっていたので、けむりに残された時間はわずかでした。しかし、エンジニアの水谷さんが「良い曲だね」とけむりをほめてくださったので、ちょっといつもとは違った演奏を残すことができました。この2曲をとり終えて終了、マスターのcdとdvdをいただきました。レコーディングできたことはもちろん感激だったのですが、水谷さんが帰りにコーヒーをおごってくれたことがとても嬉しかったです、コーヒーもおいしかった!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加