Serendipity - Naganuma Tatsuru Blog

甘いもの好きジャズギタリストのブログ
おもに演奏&甘いもの日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

'Round Midnightいろいろ

2013年06月26日 | 日記

セロニアス・モンクの'Round Midnight。
名曲中の名曲!
今週、とあるライヴでこの曲を演奏しましょーという話になり、あらためて色々なバージョンを聴いてました。
ギターだけでもかなり色々な録音が残ってます。

いくつかだけ挙げてみましょー。

Wes Montgomery→色々テイクが残ってますが、このテイクの、テーマ4小節目のⅡ-Ⅴ半音下降のメロディのとこがカッコ良くてスキ。


Barney Kessel→高校生の頃に古本屋で買った、怪しげなコンピレーションCDに入ってたテイク。
さっき調べたら、ハワード・ラムゼイ・ライトハウス・オールスターズの、"Lighthouse At Laguna"というアルバムに収録されたテイクと判明。なんちゅうマニアックな・・・(笑)
ジャズ聴き始めの頃に、「うわージャズってカッコイイや!」ってなった思い出深いバージョン。

Jim Hall→トリオの名盤"Live!"から。甘ーいシングルトーンで歌うメロディがたまらんです。

Johnny Smith→"The Sound Of The Johnny Smith Guitar"から。シングルトーン中心に、メロディを崩しながらお得意のスムーズなピッキングでガンガン攻めてます。

George Benson→最初は低いオクターブ、親指奏法で。メロディ弾きだした瞬間からもうゾクッと来ます。


と、それぞれの個性、特徴が出てて、聴き手としては楽しいんですが、参考にして演奏する側としてみると、
「じゃあワテはどないしたらええんや!(なぜか関西弁)」
と頭を悩ませる所なワケです。
「最初のメロディは・・・ウェスとかベンソンみたいに低音弦で弾くとかっこいいなあ・・・でもコードも・・・」
「みんな色んなコード進行でやってるけど、どーしたらいいかなあ」

とかなんとか、他にもいろいろありますが、今まで何度も演奏している曲にも関わらず、なんだか考え出すとキリがないというか・・・ 

で、久しぶりにちゃんと聴いて、いたく感激したのがこのテイク。
Joe Pass


こちらも大名盤"Virtuoso"から。最初のひとまわりのメロディを、ベースラインや内声と絡めて対位的なラインにしていて美しい。
いやー・・・最高。
高校時代、前述のバーニーケッセルのを聴いた後に聴いて、「うーん、なんかよくわかんないからバーニーケッセルのヤツの方がいいや!」ってなって以来あまりちゃんと聴いてなかったんですよね(笑)
10年越しです。パス先生ごめんなさい。

こんな風に一曲に時間を費やして、四苦八苦すると、ライヴで演奏するのもさらに楽しくなります。それでも表現できるのはほんの一部。

ジャズの底知れぬ深さを思い知ります。

ということで、今度ギタリストが'Round Midnightを弾いてるところに出くわしたら、そんな所に注目して聴くとまた面白いかも!ですね。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

興奮の道東2days

2013年06月17日 | 演奏

6/9、6/10の道東2days、ご報告ですー♪

別に頼まれてもいないのに報告したくなるような(笑)素敵なタビでした。

アルトサックスの蛇池雅人さんが、東京から日本を代表するドラマーのおひとり、海野俊輔さんを迎えてのツアー企画。
私は帯広、釧路の2日間ご一緒させていただきました。この2日間、ベースは、帯広にこの人あり!の源さんこと佐々木源市さん。
なんと素晴らしいメンバー!
本当に刺激的な2日間でした。
海野さんとは2年前もご一緒させていただいて、またこうして一緒に演奏出来たのが嬉しかったですね。
もう、素晴らしすぎる瞬間の連続。圧巻でした。いやー凄かったー!
蛇池さん、源さんの北海道チームの演奏にも刺激受けまくりで、たくさんのことを学ばせていただきました。

1日目は源さんのお店、帯広「B♭M7」。
移転してから初めてお邪魔しましたが、広くなった中にも、前のお店の雰囲気もあって嬉しかったです。

ライヴのほうも、お客さまに恵まれ、熱のこもった演奏になりました。
写真・・・写真がない・・・

地元ミュージシャンもたくさん来てくださって、終演後はもちろん恒例のセッション大会!幸せ。ホント幸せ。
管楽器フロント大勢で、華やかにやったり、ピアノ、ヴォーカルとのデュオも。充実。
このお店に来るたび、音楽を通しての人との出会いとか、演奏における会話とか、そういう事の美しさを改めて感じられるような気がしております。大好き!

<1日目雑記>
・お昼は帯広駅前「ぱんちょう」にて豚丼。至福。
・ホテルの部屋の冷蔵庫のスイッチに何故か、パンダ。ツボにはまってテンションが上がる。


しかし・・・1日目の写真が、パンダしかないことは、本当に悔やまれます(笑)

2日目は釧路「BROS」。
初釧路!初BROS!マスター木嶋さん&「チームBROS」の皆さんはじめ、お客さまも、みんな温かい。


イイ写真ですねえ。

ライヴも盛り上がって、ダブルアンコールまで!嬉しかったですね。

いちばん左が木嶋マスター。
写真は2枚ともチームBROSの松本さんご提供。ありがとうございます!

打ち上げは、聴きにきてくださったお客様や地元ミュージシャンもまじえてホント楽しく。幸せ。またも幸せ。
初めて来た場所で、こんなに素敵な方々に出会えるなんて。ただ感激。感激のあまりにすごく酔っぱらった気がします(笑)

<2日目雑記>
・午前中、温泉施設にてリラックス。最高。札幌にあったら通ってるだろうなあ。
・お昼は釧路の老舗ラーメン店、「銀水」にて塩ラーメン。至福。
・BROSにて、ほんまくん(※釧路在住歴のある札幌の超売れっ子ベーシスト) を発見(根元の名札にご注目)。さすが愛されてますなあ。


↑ほんまくん(右下)とツーショット(照)

タビとなると毎回そうですが、今回も、実感するのは人の素晴らしさ。
お世話になった皆さん、出会えた皆さん、再会できた皆さん、
ありがとうございました!大好きです!
(T_T)ウルウル
 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今日はリハーサル

2013年06月13日 | 日記

今日は金曜日の岩見淳三さんとのライヴの打ち合わせとリハーサルを少々してきました。
リハーサルで音を一緒に出しているだけでホントに楽しい。マジックです。
本番がさらに楽しみ!


この写真は、昨年12月に川崎でお会いした時の写真。私が持っているギターは借り物の335。そういえば今日レッスンした生徒さんも使ってました。
335ってちゃんと使ったことないですが、かっこいいですねえ。 

そうそう、日曜、月曜は怒涛の道東2days!だったんですよー。
それはそれは素敵な、音楽と、人と、食べもの(笑)との出会いと再会と。最高でした。
さらっとは書けないので、それについては時間のある時にじっくり書こうっと。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きゃりーぱみゅぱみゅ

2013年06月04日 | 楽器/機材

ギタリストは意外と大変です。
何って、移動が・・・

「ギターって楽に持ち運べるからイイよね~」 なんてのはよく耳にしますが、そりゃあベースとかよりは軽いですが、やれケーブルだなんだかんだ・・・とか周辺機器やら何やらでけっこう大荷物になったりするのはよくある事です。
ギター単体だけでも、まあ毎日背負って運んでるわけで、案外骨が折れます。

ちなみにツアーの時も荷物が多くなりがちですが、それは普段の周辺機器に加え、色々な予備やら何やら・・・が案外必要になるからで・・・
決してオシャレな衣類とかを余分に詰め込んだりしてるんじゃないんだからねっ!!


おっと、ついつい熱くなってしまいました。

本題です。
「周辺機器」で一番やっかいなのが「アンプ」です。
まあ周辺機器というよりは楽器ですが・・・とにかく重い!重いぞ!
地下鉄の駅に着くころには既に翌日の肩こり・筋肉痛は確定。

ということで!ついに!

禁断のキャリーカート導入!


「振動がアンプに良くないんじゃないか」「かえって手間なんじゃないか」とか様々な考えもありますが、先日、先輩ギタリストのT澤さんに

「肩、ブッ壊れるよ!」

とのお言葉をいただいたので、後ろめたさも吹っ飛んで無事購入。T澤さんありがとう。

そして明日のライヴはコチラでございます。

6月4日(火)
Guitar Night! at SLOWBOAT


SLOWBOAT
札幌市中央区南3条西3丁目
もりにビル4F
TEL 011-210-5144
http://fweb.midi.co.jp/~slowboat/

Start 20:30/22:00

Seat Charge ¥1,000+Live Charge ¥1,200

長谷川歩(guitar)
辻 充浩(bass)
長沼 発(guitar)


キャリーカートをひっさげて(ころがして?)さっそうと登場しますよっ!!
機材運搬による肩こりと筋肉痛から解放されたプレイは必見です!きっと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加