Serendipity - Naganuma Tatsuru Blog

甘いもの好きジャズギタリストのブログ
おもに演奏&甘いもの日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

たまにゃーあたしも

2011年09月29日 | 日記

えーと、明日、いや、日付変わって今日の夕方のレッスンの教材の楽譜を作ってまして。

で、景気づけに一杯、なーんて飲み会の残りの梅酒をソーダで割ってみたりしまして。


いや、普段は家でお酒飲むことなんてまずないんですけど、ね。
やってみたかったんです一度。

そしたらあら不思議、ふわふわっとした感じになりまして、ね。

そしたらあら不思議、楽譜の線が曲がったりはみ出したりするようになりまして、ねー。

ってことで寝ることにした午前4時。
(´o`)~♪

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

たいやき好き。

2011年09月27日 | 食べもの/甘いもの

この間、たいやき買って食べました。



豊平区のきたえーるの(比較的)近くのお店で。
一時期けっこうハマってて色々な所のを見かけるたびに食べてたりしたんですが、ここのが一番好きです。

うーん、しあわせ。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャズメンと服装

2011年09月23日 | 演奏

今日はマイ生まれ故郷、江別で演奏させていただきました。
主催、運営してくださった方々、共演させていただいたメンバー、皆さんに大感謝!のホントに素晴らしく楽しいライヴでした。お客さまも温かくて嬉しかったです。

今日はビシッと!黒のスーツと黒のシャツで演奏しました。
というより、服そんなに持ってないので(笑)いっつも似たような感じなんですけどね。

しかし、今日は一味違うんだな、足元が。
( ̄ー ̄)
じゃん!


スニーカー。
ちなみに普段はだいたい革靴です。

スーツにスニーカーって、けっこうAfrican Americanのジャズメンがやってたりしますね。例えば↓

Roy Hargrove - part1 - live et interview au New Morning

この画像でも某有名ブランドの黒いスニーカーを履いてます。
2分15秒くらいのとこで判明。

やっぱりAfrican Americanのミュージシャンがやると映えますね・・・
しかも絶対高級なスーツと靴だし・・・


ジャズの歴史でも、それぞれの時代のミュージシャンに対するファッションのイメージってあると思います。ライヴはもちろん、影響力の大きいプレイヤーだと、雑誌の表紙とか、CDのジャケットとか。最近では昔の映像もインターネットで手軽に見る事が出来たりもしますしね。笑えるヤツもけっこうありますね(笑)

僕は普段のライヴでもスーツを着る事が多いんですが、それって
「ストレートアヘッドなジャズを演奏するミュージシャン→大体ビシッとスーツ」
という印象があるから、というのも理由のひとつだったりします。
タイトなスーツ着て、ステージ上でクールに演奏するジャズメンって昔から憧れだったり。
という感じで、そこはセンスあまり無い(あと予算も・・・笑)なりにこだわってます。

10年くらい前のテレビの特集でやってたんですが、伝説的ジャズピアニストのHank Jonesさんは、家でピアノの練習をする時は必ず正装していたそうです。本番と同じ心構えで臨むために、ということらしいです。かっこええ。
朝起きて、正装して、まず2時間ほどピアノに向かい、それを奥様が隣のキッチンで聴きながら朝ごはんの支度をしてたんですって。もちろん聴こえてくるのはあの極上のvelvet touchなわけで、奥様も至福のひととき、って感じだったんですね。
で、ごはんができたら「チーン!」とベルを鳴らす(笑)
なんかいいよなあ。


まあ、ここまでさんざん力説しましたが、僕の場合は、
家を出るときに革靴を履く予定がうっかりスニーカーを履いてしまった
だけなんですけどね。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

借り物のギターで。

2011年09月18日 | 演奏

ウェブサイトのinformationの欄でもご紹介していますが、付属CDのレコーディングに参加させていただいた作品が今月発売されました!
ので、そのご紹介です。

歌い手 佐藤翠れん
詩と歌の本「静かな音楽」


四六版 64ページ 5曲入りCD付き
¥2,100(税込)
CD曲目: 朧月夜/Twinkle, Little Star/シャボン玉/Amazing Grace/ふるさと

お求めは・・・
http://www.utaite-suiren.com/
またはAmazon.co.jpでもご購入いただけます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4990597605/



著者の佐藤翠れんさんは、札幌を中心に詩作、音楽活動をしている「歌い手」さんで、詩の個展、朗読ライヴや、ジャズやポップス、童謡を歌うボーカリストとしてのライヴなど多彩に展開されています。
ボーカリストとしてのライヴでは、ワタシも何度もご一緒させていただいて、お世話になっています。

で、この詩集、とっても素敵です!
普段、詩とかに馴染みがないワタシはあまり気のきいた感想などは書けませんが・・・(笑)
ほっとして、心がなごんで、ちょっと前向きな気持ちになれるような、そんなコトバの数々です。
歌のCDも付いてます!


今回のCDでは、「朧月夜」「Twinkle, Little Star」「Amazing Grace」の3曲に参加しています。

レコーディングではナイロン弦のアコースティックギターを弾きました。
借り物(笑)

以前、このブログでも紹介させていただいたんですが、ワタシの知り合いのお店に置いてあるギターでして、古い楽器なんですが生音が弾いてて気持ち良い感じなんです。
以前の記事→2011/04/27「FMびゅー『Music Link』の収録」

今回の録音は、マイクひとつで、歌と一緒に、せーの!で録ったので、後から音質などの修正がほぼ不可能な状況だったんです。
なので、いかにイイ感じの生音が出せるかがポイントだったんですが、自分の楽器は、アンプにつないで音を出すのが前提の楽器なので、生音はちと魅力に欠ける・・・ということで、借りちゃいました(笑)

歌の伴奏で、ナイロン弦・・・ということでワタシが真っ先に思い浮かべるのが、Rickie Lee Jonesというシンガーの、「Pop Pop」というアルバムです。これ大好き。
ギターはかの有名なブルースギタリストのRobben Ford!そのアルバムのナイロン弦ギターの音が憧れで、もちろん演奏も最高なんですが、何かの本で読んだところによると、

「ギターはその場にあったものを借りた」

らしいです。
すげえ・・・
そのテキトーさと、それに反比例した極上の結果が、アメリカーン!って感じですね(笑)

という話を聞いてから、なぜか、「借り物のギターでレコーディングしちゃう!」というのに淡い憧れがありまして・・・
何かかっこいいなーって(笑)
で、今回結果的にそんな感じになりました。ちょっと違うか(笑)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こないだあたしホットケーキ

2011年09月15日 | 食べもの/甘いもの

先日、ホットケーキを焼きました。
楽しいですね。いいですね。ドキドキワクワク。



重ねてみた。
こうすると、子供の頃よく読んでた絵本を思い出します。上にバター乗っけたいところです。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加