かわずの呟き

ヒキガエルになるかアマガエルなるか、それは定かでないが、日々思いついたことを、書きつけてみようと思う

週刊文春 7月27日号 その2

2017-08-09 | 気ままなる日々の記録

 読みたいエッセイの続きが楽しみで、いそいそとコンビニへ買いに行った7月27日号の表紙について書こうと思う。

 私はもともと表紙のイラストレーターのフアンになっていたのだが今回は店で手にした途端「わー、これは素晴らしい」と思った。グレーのバックに真っ白なエアーメールが題材である。しかも郵便局のスタンプがカナダとはっきり押されてある。一目見ただけで、何と夏らしく涼しさを感じさせる表紙だろうと思った。10ドルの切手には、針葉樹の木々が茂る緑深い森。15セントのもう一枚の切手には、切り立った岩山の峰々と野生の動物たち。よく見ると2枚の切手の上の方にはフランス語と英語の両方で郵便料金と印刷されている。切手の下の方には大きな活字でcanadaとある。どう見ても本物と見間違えそうである。

 後で分かったことであるが、この表紙は1978年4月20日号に初めて載ったもの。今年の7月20日号で2000回達成したものによるアンコール作品であることを知った。道理でいい筈と一人で納得しているわけであるがこれからは時々アンコ―ルの作品がでるらしい。買わなくても表紙だけでも見られる。一日おきに400円は買い物をする常連客にはこれくらいのことは許してもらえそうな気がする。

 週刊誌の出来上がる水曜日には、和田家の玄関には見本が置いてあり、それを見て奥様の平野レミさんが「和田さん、上手じゃん」と云うと「一応プロだからね」とクールな返事が返ってくるそうだ。

 何とも爽やかな夫婦の会話ではないか。(E)

       

                                                                   散歩道で。

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼風至る。 | トップ | 台風の後で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。