かわずの呟き

ヒキガエルになるかアマガエルなるか、それは定かでないが、日々思いついたことを、書きつけてみようと思う

今日、「少年少女合唱団のコンサートがありました。

2016-10-08 | 気ままなる日々の記録

 この住宅型介護施設では時々演奏会が開かれます。少年少女合唱団といっても、少年の方は小学生の男子が2人で残り20人ぐらいは小学生から高校生までの少女ばかりの合唱団です。ピヤノも鍵盤だけで2メートルぐらいある電子音のピヤノで結構いい音が出ていて便利な世の中になったなあと感心していました。

 そのうちに、指揮をする中年女性がマイクを握って挨拶をされ、最初の数曲は讃美歌のようでいい感じでした。その後日本の文部省唱歌になり、「皆さんも御一緒に」ということで、「春の小川」や「我は海の子」「ゆきやこんこん」に移っていきました。

 途中ハッと気が付いて、少女たちの綺麗な歌声で「猫がコタツで丸くなる」と歌っていることがドウにも合わなくて笑えて来てしまった。思えば、少女合唱団はヨーロッパの教会で発達しました。罪深い人々に代わって一切の罪を引き受け十字架に罹ったイエスに祈りをささげる知己の歌であった。

 少女たちの清らかな歌声で祈りを捧げたとき、曲と声と歌詞が一致してまさに感動的な空間を演出したのだった。その女性合唱で「猫がコタツに丸くなる」と歌ってどうしようというのだろう。そんなことを考えながら聞いていたら頭が変になってきた。少女達に歌唱指導をしておられた先生はきっと音大で合唱を学ばれ相当な力をおもちなのでしょう。しかし、何か忘れ物があるように思えました。

 音楽と云うのは楽譜を読んで、譜面を忠実に再現するということの他に、作曲家の心にあった情緒、哀愁、あるいは感動を表現し、つたえようとするものです。勝手な暴言でゴメンナサイ。(T)

   

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの秋晴れ! | トップ | 危うさ無きや、アメリカの政... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。