かわずの呟き

ヒキガエルになるかアマガエルなるか、それは定かでないが、日々思いついたことを、書きつけてみようと思う

雷と大雨。

2017-07-14 | 気ままなる日々の記録

  昨日の午後酷い雷と土砂降りの雨があった。このことを携帯メールで関西に住む娘に送信し終えた途端電話が鳴りだした。ピーコロン、ピーコロンととても可愛い響きであったが、はじめてのことで、急いで開けてみた。土砂災害警戒情報というものであった。午後四時二十五分隣の市へ出されたものだ。このあたりはめったに、災害の難に出会わない広い平野であるが、昨日は特別であったらしい。あちこちの、鉄道路線が3時間から4時間ぐらいの、運休の知らせを出していたから。

 それに比べると子供の頃は随分怖い思いをした。台風の時期になるとすぐ近くの1級河川が濁流となって渦を巻きながら流れていたからだ。二つの大きな堤防があったが、護岸が弱く、水がしみ出して住宅地にじわじわと押し迫ってくる。近くの畑が半分泥につかっているのを見ると、子供心にも堤防が決壊するのではないかとおののいていた。

 一方大人たちはこの時とばかり薪取りに大忙しだった。上流の方で崩れた山の木々が沢山下流に流され岸に押し寄せる、それを拾い上げるのである。当時風呂を沸かすのに使うのは落ち葉、枯草、薪であった。そのため、家族総出で木々を集めていた。熱心すぎる若者が濁流にのまれ命を落とすという悲しいニュースも数年に一度くらいあったように思う。

 60年以上の間に護岸はコンクリートで固められ、水量も調節され、子供のときの様な心配はなくなった。今では薪取りも必要ない、本当に恵まれた地域となった。だが、テレビで災害のニュースを見る度、子供の頃を思い出すと心が痛む。(E)

   

                                     駐車場が池に 道路が川に。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が国に『論理」はあるか? | トップ | テレビで「尿路結石」を見て »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お見舞いもせず失礼いたしました (達郎さんの友人 T.S.)
2017-07-18 08:38:41
奥様のプログで 先日の豪雨のそちらの様子を初めて
知りました。
そちらの方に 豪雨の災害が出ていることはニュース新聞などで知っていましたが 「太郎と花子」はがっちりした
施設なので 建物 食料その他についても大丈夫と思っていましたが プログで初めて事情が分かった次第です。
さぞ 大変だったでしょう。今頃お見舞いを申し上げる次第でもうしわけありません。
ただ お二人のプログが ここ一週間ほど途絶えていたので なんとなく心配しておりました。
お二人のお体には お変わりないのですね。
施設も一部水に浸かったとすれば 何かと支障がおありとは 思いますが どうか元気をだして 普段の状態
になるようがんばってください。
ご主人のプログの再開を おまちしております。

コメントを投稿

気ままなる日々の記録」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。