かわずの呟き

ヒキガエルになるかアマガエルなるか、それは定かでないが、日々思いついたことを、書きつけてみようと思う

伝統行事を大切にしよう。

2016-10-17 | 気ままなる日々の記録

   今日の「お茶会」で舞鶴ご出身の書家と同じ席になり、お盆の時の「満灯篭」のお話をお聞きした。

 そう云えば、僕の祖父もお盆の時には「お迎え火」や「送り火」を焚いて先祖の霊をお迎えしあるいは、お送りしていた。

御迎え火の時もお送り火のときも、炎に向かって手を合わせ、

お経を読み、熱心に拝んでいた。

思うにあの行事は日本人の歴史の中で定着したもので、

子供たちも真似をして小さな数珠を手に掛けて 先祖の霊とかに真剣にお詣りしていた。

  こうした日本人の伝統行事をないがしろにして、

最近ではハロウィーンとかのグッズを売っていると云います。

この商業主義と云いますか、伝統行事軽視の軽薄さは、目に余ります。

中学生や高校生の殺人事件はこうした軽薄さの申し子のように思われます。

   伝統行事の中にある日本人としての情操に気が付かなかった、 GHQ政策に嬉々として迎合した日本のマスコミ界に生息している自称知識人の欺瞞を糾弾する必要があると思われます。(T)

 

      刈取りの始まった田圃

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の癖(くせ) | トップ | 「夢」の不思議。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貴兄の考えに同感! (your fried T.S.)
2016-10-18 09:06:43
私は 貴兄が言うような風習がどういった人々の考えで
やってきたか を教育で教えていく必要があると思っています。
人々の生活に宗教がどうかかわってきたか という事を。
そういう意味で 宗教 に対する教育があってもいいと思うのです。
世界の宗教とその中の日本古来からの宗教を知ることによって世界の民族の考えに開眼すると思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。