かわずの呟き

ヒキガエルになるかアマガエルなるか、それは定かでないが、日々思いついたことを、書きつけてみようと思う

農業の機械化が大分進んだと思われます。

2017-05-15 | 気ままなる日々の記録

   筆者は小規模の自作農の出身で、ここ住宅型有料老人ホームでお世話になっていていても、農作業のことをよく思い出します。

 今の時期は田の畔草刈に追われていました。今丁寧に刈っておかないと田植えが終わった頃雑草が伸びて稲を押し倒し著しく収穫減を招きます。

 昔は軍手をはめカマで丁寧に刈りました。蛇は逃げていくから怖くありませんが、ムカデはじーっと動かなくなり自分の体に触れられると反射的に咬みつきます。

 そうすると全治するのに2週間、夜温まるとズイズイと痛み眠れません。

 最近は50CCのエンジンが付いた草刈り機で刈っているようですが、機械で刈った後は刈った草があちこちに飛び散り見た目が実に汚い。

手で刈っていた頃は刈った草はキチンと揃えて置かれ、夕方よく枯れたころ竹ぼうきで掃き集めて火を点けて燃やし灰も掃いて田に落とし歩道は綺麗にしておりました。

 日本の百姓は「よそ様に迷惑を掛けない」が道徳の大原則で仕事の仕上がりが綺麗でした。ところがエンジン付き草刈り機で刈るようになってからは、刈った草があちこちに飛び散り簡易舗装の車道に草が乱雑に飛び散り実に汚いのに箒で掃いたりしなくなりました。

 江戸時代から培われた百姓の美意識がアメリカから入ってきた近代化によって見事に荒らされた感じがします。

 敗戦ももう少し誇りを持って処理したかったと悔やまれます。(T)

    

                                                  田おこし

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 偉大なるかな、宮沢賢治。 | トップ | 言霊信仰その1 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実に堪能な文筆家 (your fried T.S.)
2017-05-15 15:00:13
雨にも負けず いい詩ですね と書こうと思たら もう次の
プログがはいっていました。
堪能な文筆家ですね
雨にも負けず の詩は私もだいすきです。
所で だんだん世の中は変わって住みにくくなりました。
現在は 田畑 空き地などでの廃棄物 つまり草や藁など
もふくめ 火をつけて燃やすことはできません。
法にふれて罰せられますからご注意ください。
草や枯れ葉をあつめたき火をするのも違反行為になります。
風情のない世になりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。