かわずの呟き

ヒキガエルになるかアマガエルなるか、それは定かでないが、日々思いついたことを、書きつけてみようと思う

奇妙なものが入口のドアーに。

2017-10-10 | 気ままなる日々の記録

 数日前、スタッフ3人が、昼寝の最中どやどやと入ってみえた。ケアーさん2人と薬剤の方だった。薬の出し方が今までと変わって薬剤の方が担当になるということだった。今までは時々ミスがあって、一人の方が責任を持ってやって下さる方がよいと思っていた。

 つぎの日ドアーの上の方に何か取り付けられた。主人の部屋だけで私の部屋にはない。私が冗談半分に「いよいよ俳諧老人のグループに入れられて、入り口で監視をし動向を見るのじゃない?」というと主人も「そうか」と云って笑っていた。本人が笑っている内は安心である。言い訳したり怒ったりすると、本当に認知症が出始めたと思わないといけない。

 そんな会話をした後昼の薬を飲んでいないと勘違いして、ケアーさんに連絡したら、しっかりしたケアーで、「ちゃんと、飲んでありましたよ」と返事があった。わたしも昼食後の薬を飲み忘れることが多い。途中で気になって、確認のため屑籠をひっくり返すことが度々ある。

 入口のドアーの上の方にはりつけてあった、裏が磁石で袋のようなものは、1回分の薬入れであることはが分かった。自分で管理しない方々は、スタッフが1回1回そこに入れ、ケアーさんが配膳するとき、お膳に移すことになったらしい。

薬の飲み方は一人一人違うので問題が多いことだろう。(E)

      

                                                                  薬入れ

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失われた上品な「お笑い」 | トップ | 日本の七十二候について »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
薬の飲み忘れ (坂本 健)
2017-10-11 08:22:09
一回分ずつある場所に決めておくというのはいいですね
私もクス地の種類は3種類ですが 飲む時間が 朝一回とか夕食後一回とか 寝る前に一回と複雑なため
あれは 飲んだっけ? と忘れがちです。
今後 一回ずつ薬の置く場所を決めて 確認するようにします。

コメントを投稿

気ままなる日々の記録」カテゴリの最新記事