ポリモーフィズムという詐欺

2016-12-28 08:27:18 | 日記
次の分かりやすく簡略化されたプログラムは、ポリモーフィズムを表しています。

class Main
 m(){}
class sub1(Main)
 m(){a}
class sub2(Main)
 m(){b}

Mainクラスを継承したsub1,sub2。
mメソッドが継承されているのに、動作がa,bと変化しました。これがポリモーフィズムの多態性です。
まあ、手品なんだけどね。


class Main
 
class sub1(Main)
 m(){a}
class sub2(Main)
 m(){b}

Mainクラスのmメソッドを取ってやると、別のクラスで同じ名前の別のメソッドを定義しているに過ぎないと分かる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Python ランダムウォーク3D | トップ | DSD変換 変換時間8秒 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。