element from Bicycle

It must notice.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

有難うございました。

2005-10-25 | Weblog
この10月30日を持ちまして、KAPITALを退社するにあたり、この場をお借りし、
皆様にお礼を申し上げたいと思います。

5年半前にKAPITALに入社し、神戸店、京都伊勢丹店、京都店と幾つかのお店を通じて、
たくさんのお客様とお会いする事が出来ました。
私達一人一人は、たくさんのお客様と接する事もあり、どれほどの事を覚えているのかと
思われるかもしれませんが、実はかなり鮮明にいろんな事を覚えています。
広い日本の中にある、たった一つのこの場所に、たくさんのお店から、限られた時間の中で、
そのときの気分や天気、様々な事情から偶然にもこのお店を選ばれて、たまたまその一瞬に
お会いする事が出来、時にはそれが忘れる事の出来ない出会いにもなる。

お会いしたその時は、そういった事を感じる事は少ないかもしれませんが、何ヶ月、何年と
お付き合いが続いていく都度、人の出会いの不思議を感じます。
会わなくても、大きな意味では影響が無いかもしれません。
ただ、お会いする事で、それまでとは全く違う価値観に出会う事は、自分にとっては、
決して望んで得る事の出来ない貴重な財産だと思っています。
私たちは、人とお会いする事が仕事ですので、そういった意味では本当に多くの方にお会い
出来る機会がある事は、それだけ得るものが多いという事ですので、恵まれていると思います。
ただ、得るばかりではなく、何かお返しをしないといけないとも思いますし、それはお会いする都度、
何かしら、今日は来て良かったなぁと思っていただけるように、作った接客ではなく、
素の自分で、おもてなしをしていたつもりでおりました。

ですが、皆さんから頂いた沢山の時間に対しては、満足にお返しできたという自信はありません。
まだまだ、返しきれていない分が多いと思います。

これから少しだけ時間を頂いて、小休止して、色んな事をチャージしようかと思っています。
読みたい本も溜まっていますし、この歳ですが、人がしているのを見ると、まだ少し体が
疼くとこもありますので、波乗りやスケボーなんかも、ケガの一つ二つしながら、忘れないように
しておこうかと思っています。

それからはまた、どこかの場所で、皆さんにお借りしている分を倍にしてお返し出来ればと思っています。

KAPITALでの時間は非常に有意義な時間でした。
来週の30日が最後の勤務ですが、今日もたくさんのお客様が私の顔を見に、わざわざ来ていただいて、
本当に嬉しい限りです。


当ブログですが、今日から11月1日まで更新をお休みをさせて頂きます。
11月2日からは、極私的ブログとしてリニュアルしようかと考えています。
KAPITAL関連の記事に関しましては、10月30日まではご覧いただけますが、それ以降はご覧頂く事が
できなくなりますので、予めご了承ください。

当ブログは、予想以上に皆さんからたくさんのコメントやメールを頂戴し、とても楽しく
更新する事が出来ました。

「一期一会」

よく耳にする言葉ですが、茶会に臨む際の「その機会を一生に一度のものと心得、主客ともに
互いに誠意を尽くせ」という千利休の教えです。
人との出会いを常に最後のものとして接しなさいというような喩えを聞く事がありますが、
私は少し違うと思っています。
「一期一会」、その機会を一生一度のものとするという事は、全く同じ時間は二度と訪れない。
毎日会う人とでも、その日その日で、気分や体調、天気、その他諸々違うはずですから、
その場の一瞬を大切に大事にする人にだけ、また次の「一期一会」が訪れる。
同じ人とのお付き合いの中にこそ、「一期一会」の精神が最も必要とされているように思います。

私にとって茶会の場はKAPITALでした。
ですので次の「一期一会」を楽しみに、少し充電してきます。

有難うございました。

そして、これからも、よろしくお願いします。
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リニュ→リニュ終わり | トップ | Thank you! BEST PARTNER »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした。 (きさ)
2005-10-26 15:27:35
退社なされるとは知りませんでした。

28日は京都のほうに伺えるかもしれません。

kapitalでは本当に和やかな雰囲気で接してもらえ、いつもありがとうございました。

場所は違えど人との出会いを大切にしていってください。

本当にご苦労様でした。
ありがとうございました (ken)
2005-10-26 21:18:27
振り返れば短い時間でした。雑誌で見てがきっかけで足を踏み入れワードローブは一変しました。けっして手にしなかったダメージ加工にはまりました。物としての手の入れ方に感激しまし、丁寧に説明して頂き納得したからです。人と人との出会いと同時に物との出会いもさせて頂きました、ありがとうございました、これからもよろしくお願いします。
一語一言 (raizou)
2005-10-27 00:13:14
:偶然な出会いであっても必要があればまたいつかどこかで会えるでしょう...。



:そうそう、たとえば自転車に乗ってる時なんかに...ne!



縁は味なもの (管理人)
2005-10-27 00:45:30
今日も、私が学生の頃からすごく読みふけった本を書かれた作家の方が偶然、お店に来られました。本当に感激し、少しお話しできる機会がありましたので、そういったことをお伝えすると、気さくに色々とお話をしてくださいました。せっかくお話できたのに、残念ながら退社する旨をお伝えすると「縁があったらまた逢えるよ」と、さも当然のようにお話されました。

本当にそう思います。

これから、ほんの少しの間、ニュートラルな状態で、色々見てみようかなぁと思っています。

本を読み、映画を見て、恐竜の化石も見たいですし、久しぶりに消費者として服屋も見てみたいですし。そういうところを、これから少しずつ、ブログで更新していこうかと考えています。

で、次に皆さんにお会いするときは、また何かしら、私を通じて発見があるような、そういう存在で在れればと思います。



これからも、KAPITAL共々、よろしくお願いいたします。
見本 (いちFUN)
2005-10-27 19:31:45
自分はたまにしか行くことが出来ませんでしたが、京都店に行くのが彼女共々非常に楽しみでした。ジーパンもそれまではそんなに興味なかったですが、店長さんみたいに、普通にカッコよく穿けるんならと思い、体型に自信が無かったですが、チャレンジし、今はブーツカットだけでも3本もあります。自分にとっては見本みたいなものでしたので、本当に残念です。でも、きっとまたどっかで会えると思ってますので、そん時はまたアドバイスをお願いします。

このブログもすごく楽しみでした。

このブログで質問とかしてもいいんですか?
極私的 (管理人)
2005-10-27 20:14:35
来月からは極私的ブログとして、服だけに限らず、私が見聞きしたものを、また止め処なく綴ろうかと思っています。質問などはどんどんして下さい。分かる範囲でお知らせしますので。

彼女は元気ですか?お二人ともデニムパンツは本当にお似合いでしたよ。来年の今頃の味具合が楽しみですね。

お仕事も頑張ってくださいね。
つながる気持ち (まつ・み)
2005-10-27 20:40:29
 モノを売り、買うということがこんなにも気持ちをつなげるものだということに改めて気付かされています。

 京都に行っても、もう会えないかもしれないけれど、自分の服を着ていれば忘れないものですよね!感謝!深謝!
今冬は... (管理人)
2005-10-28 15:57:09
何かしら、縁というものの不思議を感じています。

今のブログの発展で、自分と相手の距離感を、得もすれば忘れてしまうほど、容易に繋がる事が出来るというのは、

今まででは考えられなかった事ですね。そういう面では

ブログというのは楽しいです。

来月からは、少し目線を変えて、書きます。

有難うございました。

これからも宜しくお願いします。
お疲れ様でした (sat)
2005-10-30 10:05:00
今日で退社なさるのですねぇ。今までお疲れ様でした。結局、お店に伺うことができずに残念です。今日も今から仕事なもので・・・しかし、他のかたがたもコメントされているように、縁があればいつかまたどこかで、お会いできることがあると思います。 今思うのは、たまにしか行けないお店でも、店長さんの働いておられる姿から、職人のような雰囲気を感じることがあり、その上で商品の説明を受けるということに、私は何かしらの感動をうけていたのかなぁ??と。そして、KAPITALファンになったのかなぁ、と。私も年齢を重ねるごとに、そんな雰囲気のある男になりたいなぁ、と思っています。 本当に今までお疲れ様でした。 そしてこれからも、ブログで楽しませてください!!
職人 (管理人)
2005-10-30 13:41:40
いつも、暖かいコメントを有難うございます。

私が児島の本社工場で勤務している頃、生産現場でミシンを踏み、リベットを手打ちしている人達を見て、つくづく自分は服屋のほんの一端しか見ていなかったんだなぁと痛感し、その人達の時間の積み重ねから生まれる仕事に驚嘆し、これを少しでもお店で伝える事が出来ればと考えていました。何十年とミシン1台の前でジーンズだけを縫ってきた人達に適わぬまでも、その代表として、お店に立つという事を、来られる方には愉しんでもらえたらとも思っていました。

これからは少しの間、一消費者として、ジーンズだけでなく、色んな事を見てみたいです。

楽しみにしててください。

あわせて読む