element from Bicycle

It must notice.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1.17

2006-01-17 | Weblog
今から11年前。
言わずもがな、あの、阪神淡路大震災のあった日です。

以前にも書きましたが、私自身は神戸という土地に、幾許かの縁と愛着もあり、
毎年、この日は色々思うところがあります。

震災の年に生まれたうちの息子は、ニュースで流れる震災時の映像を見て、
最近は、それが普段、自分が歩きなれた神戸の街だとは、どうしても実感が
湧かないようで、その当時の様子を事細かく聴こうとします。


震災当日も、当時の住まいを神戸から大阪に移してまもなくで、職場はまだ、
宝塚にあった頃でしたので、朝の大阪での揺れで目を覚まし、着けたテレビの
ニュースで、事の重大さを知り、電話で家族の安全を確認し、持てる準備を持って、
地下鉄から宝塚へ向かいました。

阪急の能勢までは電車で行く事が出来ましたが、その後の道のりは、完全に
手付かずの震災後の風景の中、歩いて行きました。

持っていたラジオから聞こえる臨時ニュースのアナウンサーが告げる
犠牲者の数が、能勢の駅を歩き始めた時に聞いた数十名から、途中、何度も
聞き間違えであろうと、イヤーフォンを着け外して確認をするも、そうではないと分かると愕然とするほど、十倍単位で増えていく様と、目の前に広がる風景との、あまりの一致に、人間の儚い想いとは全く関係なく訪れる、自然の力の大きさと
恐ろしさに、身震いを覚えました。
自衛隊の給水車が行き交う、戦場かと見紛うほどの荒々しい光景の中、
ある意味で、
本当に目を疑ったのは、震災地での、ある店の営業でした。
あの「ローソン」です。

誰が考えても、あの状況下で、商売の事を考える余地を持ち合わせているとは思わず、
当初は、買い物をしながらも、訝しげに思った人も多かったと聞きますが、
実際には、お店を開けていた事で、たくさんの人が助かりましたし、
今のように、近畿圏にあれほどの活断層が或る事を知っていた人も皆無で、
ましてや、物資の蓄財なども望むべくもなく、その時に飲むお水でさえ、
無かった状態でしたから。

「こういう時だからこそ、お店を開けなさい」と言われたという故・中内功氏。
企業の倫理観とは、そういった究極の場面でこそ、本来の姿を現すもので、
それは浅はかな、目の前の利益や体裁が外面を覆う人、企業とは、人間としての
根の深さが違うんだと思いました。

奇しくも、今日は、地震に於ける建物の強度について、あのH社の社長の証人喚問があり、その内容たるや、散々たるものでした。

会社のある場所や規模、業務内容など、本来、その価値を見つけるに目安となる
ものも、ある場面においては、全く意味を成さないという事を、図らずも露呈した
ような気がします。

まさに、企業倫理とは?です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聞こえないのはデンジャラス | トップ | 冬Tシャツ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む