内海龍吉ブログ

おのみち繁盛仕掛人 内海たつきちのブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

脱官僚

2009年08月19日 | Weblog
閣僚、副大臣、政務官など約100人の国会議員を
各省に送り込み、政治主導で意思決定を行なう。

各省間の調整は「閣僚委員会」が担い事務次官会議は廃止。
官民の人材を集める首相直属の「国家戦略局」で国家ビジョンと
予算の骨格を策定。

「行政刷新会議」で予算や制度を精査し無駄を排除するー。
民主党のマニフェストはイメージ先行で中身はどうなのか

現在でも閣僚以下70人近い政治家が各省に送り込まれており
30人程度増えただけで脱官僚へ一気に転換できるとは思えない。

「前例踏襲」「省益優先」の体質から抜け出せない官僚機構が
時代の変化に対応できなくなっているのは明らかだ。

目まぐるしい内外の変化に対応できる新たな統治システムを
どうつくるか。
今回の選挙が国民的な議論の出発点でしょう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政権選択 | トップ | 勝負は あったのか »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事