ソフトテニス部日記3

最後は真面目がいちばん強い!

連休3日め 「人間力」

2017-03-21 02:38:12 | 日記
いよいよ連休も最終日

自分にとって実質の春休みが終わります

ここからは会議や
学年末の片付け
学年始めの準備に追われます(泣)

さて、その最終日
今日も暖かい1日でした

2年生の3ペアを連れて
またまた北部の研修大会へ

今日は何をどうしても
全て全然うまくいかない日でした

まあ、実力がないのかもしれませんが
とにかく何やっても全然ダメ

こういう時には
サラッと切り替えた方がいい
はじめからやり直しです

というわけで、
初めて組むペアまで試して
早々に引き上げてきました

最後に選手に話したのは
新しく試したペア替えにちなんでこんな話です





強さというのは
単にいいボールが打てるとか
遠くまでボールが追えるとか

そんな単純なものではない

強さとは「人間力」

メンタルが強い弱いという意味もあるが
「人間力」とはそれだけのことではない


「人間力」とは「他人を活かす力」


つまり、ペアを組んでいるパートナーに
どれだけ安心してのびのびプレーさせているか?
ということ

自分はパートナーがのびのび思い切って
勝負に行ける雰囲気をつくってやれているか?
自分を振り返ってみよう

パートナーがミスした時や
自分が上手くプレーできない時
不機嫌になって
ポイント間のハイタッチもしなくなるような
そんなわかりやすい最低の選手は論外として

ミスして自分自身を責める
過度に悔しがる
そんな態度も、どうかと思う

もちろんパートナーを責めているのではないことはわかる
でも、その姿を見てパートナーは
のびのびと自分の力を発揮できるだろうか?

きっと
「もう、絶対にミスできないぞ」と
悪い意味で考えるだろう

強いペアとは
いいペアとは

べたべた仲がいいペアではない

お互いが思い切ってプレーできるように
そのためにお互いが気を使い合って
自分の発散している雰囲気を
しっかりつくっていけるような

そんな信頼関係でつながったペアである





まあ、こんなことばっかり
ずっと言い続けてますが

逆にこういうことが学べないのなら
テニスを部活動でやる意味なんてないと思ってます

テニスだけ上手になっても
将来何の役にも立ちません

さて、
自分はパートナーにどのように映っているでしょうか?


とにかく3連休が終わりました
これくらいの遠征は慣れてますが

ちょっと疲れました(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連休2日め | トップ | ペア変更 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。