世直しあるある探検隊が行く辛口雑記帳
天誅乙女の詩



拉致されたチャングムはなんと、ミン・ジョンホの元へ送られたのでした。王様の言いつけで二人で明国に亡命するようにとのお計らいでした。その土地から明国行きの船が出ているらしく。この機会を逃すと後が無いということだった。しかし、チャングムは「王様か生きていらっしゃるうちはおそばにお使えしたい!」と都に向けて駆け出しました。途中、人民が都の方角に土下座をして泣いておりました。とうとう王様がお亡くなりになられたのです。その後、チャングムたちはかつて両親が出会い、チャングムを生んだという○○村へ行き、一人の女の子を授かりました。(子供のときのチャングムそっくり)チャングムは医者として、ミンさんは寺子屋をして、貧しくとも平和に暮らしました。そうして、村に優秀な医者がいることが広く伝わりはじめました。ある日のこと、三人が道を歩いていると、兵士達に取り囲まれてしまいました。ミン・ジョンホのかつての部下でした。皇后さまのご言いつけで三人を都に連れ帰るようにとの事でした。彼らは名誉を回復され、都で安心して暮らすことが出来るようになりました。めでたし、めでたし、、チャ、ラ、ラ、リーラリ、リーラララー。 完

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« チャングム、... 本 『 マンガ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL