蓼科クラフトヴィレッジ 陶芸工房 陶仙房

私達は山の工房で、若手作家など個々で活動しているスタッフの視点で、その時に感じている事を声にしていきたいと思っています。

山の秋

2016年10月17日 | 日記


山の秋の訪れを告げる蔦漆が、赤く色づいてきた。
朝晩はぐっと冷え込んで、取り急ぎ引っ張り出してきた冬の服のせいで、部屋の床が見えなくなった。
白樺の黄色。
桜のオレンジ。
山葡萄の錆色。
寒くなってゆくほどに、山はあたたかい色で目を楽しませてくれる。
静かな秋のはじまり。

きみ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の器のこと | トップ | 狼煙(のろし) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む