蓼科クラフトヴィレッジ 陶芸工房 陶仙房

私達は山の工房で、若手作家など個々で活動しているスタッフの視点で、その時に感じている事を声にしていきたいと思っています。

秋の器のこと

2016年10月14日 | 日記

夏の忙しい日々が過ぎた。

秋になり、いろいろな場所で器を展示させてもらっている。

長野市のcublueさん。
東京、祖師谷の皆川珈琲。

クラフト市は、来月の善光寺のびんずる市。(予定) 


器をつくる、ということをしみじみ思う。


お店で使っていただいたり、家で使ってくださったり。
いろいろな方の生活に、なじんでいるのかなあ。

フユウ


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋風の山からこんにちは | トップ | 山の秋 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む