たた&にせ猫さんの備忘録

―演劇、映画、展覧会、本などなど、思うままに―

『KIITSU 鈴木基一 江戸琳派の旗手』 サントリー美術館

2016年10月16日 | 日記
   『KIITSU 鈴木基一 江戸琳派の旗手』 サントリー美術館  2016.10.14
          2016.9.10 SAT→10.30 SUN

  美術館のはしご。―鈴木基一は琳派様式を江戸で再興した酒井抱一の最もすぐれた弟子として知られ、画風は琳派の華麗な伝統を継承しながら、鮮やかな色彩対比やデザイン性など現代にも通じる斬新さにあふれ、近年特に注目を集めている―。

  基一の作品が本当にたっぷり、基一の息子や門人の作品なども。
  琳派人気で平日の午後だというのに会場は結構混んでいました。

  基一といえばやはり≪朝顔図屏風≫。確かNHKの番組でも取り上げられていた記憶が。≪夏秋渓流図屏風≫のセミを探し、苔はなぜかトトロに出てくるような。
  ≪風神雷神図襖≫は結構大きな作品で、なかなかの迫力。

  このような作品の他に、縁起物の作品がたくさん。
  素晴らしい技術、注文主を思い、喜ばそうとする工夫、広い人脈(≪維摩図(光琳写)≫は井伊直弼の賛が入っている)。ずいぶん人気があったろう。そして、自分も好きで楽しんでたくさん絵を描かれたのだろうと思わせる、作品の数々。

  絵葉書をいつものように購入しようとして、やはり≪朝顔図屏風≫かと、手に取る。平らに伸ばされた絵と立てられた屏風。絵の印象がやはり違う。屏風としての工夫がされているのだろう。

  展覧会は姫路市立美術館と細見美術館に巡回するとのことだが、朝顔図屏風は巡回しないらしい。勿体ない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『速水御舟の全貌―日本画の破... | トップ | 『るつぼ』 Bunkamuraシアタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。